日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

エールラン in 横浜赤レンガパークに参加してきました!

3月に横浜マラソンを走ったとき「このあたりを走ることは、しばらくないかな」なんて思っていたのですが、まさかその「横浜」以来の大会も、みなとみらい地区になるとは笑!

というわけで、横浜赤レンガパークで開催された「第5回エールラン」に参加してきました。

スペシャルオリンピックス日本が主催するチャリティイベントです。ちなみにスペシャルオリンピックス日本とは、

スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。スペシャルオリンピックス非営利活動で、運営はボランティアと善意の寄付によっておこなわれています。スペシャルオリンピックスでは、これらのスポーツ活動に参加する知的障害のある人たちをアスリートと呼んでいます。

via: 知る | スペシャルオリンピックス日本

で、エールランの参加費が、団体の活動費や支援費というかたちで寄付されるようです。

この大会に、ぼくが以前通っていた整骨院のかたたちが協力企業として参加する、つーことでお声掛けいただきました。お声掛け、とゆうよりは、人数が足らないので助っ人として呼ばれた、というのが実情です笑。

駅伝とはいえ、今シーズン初の大会!迷惑かけないよう、がむばろう(全然練習してないけど……)。

会場は、赤レンガ倉庫の奥の、海っ端。1周2kmのコース(「1周」というよりは、1km行って帰ってくる、折り返しのコース)です。

海が青い。空も青い!先日までの台風はどこへやら。ピーカンで暑かった!浜風はさわやかですが、日陰がなくてジリジリ焼かれました。今も首筋が痛いです……。

参加したのは「20km駅伝」。1チーム2 〜 10名の規定ですが、ぼくたちのチームは6人で、整骨院の先生が4人、患者助っ人がぼくとサッカー部の女子高生、という編成でした。

つか、日ごろから習慣的に運動をしているのは、(最近はすっかり週末ジョガーの)ぼくと、最近まで現役だったサッカー少女のふたりだけという、やや頼りない構成……。はじめての駅伝なのに、何だか荷が重いです笑。うん、まあ、先生たちは、治療で日々忙しいからね……。

そもそも整骨院の先生たちは、走るだけでなく「マッサージブース」も開設して、参加者のランナーさんたちに無料でマッサージを提供するという大役も担っておりました。むしろそっちが本業なわけで、全力で走っちゃうと、疲れすぎて施術ができなくなってしまうというジレンマもかかえていたわけです。うん、つか施術しながら合間に走るって、すげーな。走る整体師。

とゆうわけで、わがチームの目標は、ケガせず完走、楽しく走る!でした笑。気がラク!

ちなみに、競技としては「20km駅伝」のほかに、「フルマラソン駅伝」(駅伝とはいえ、この暑さの中フルとは!)と「親子ラン2km」もありました。

まず「親子ラン」をやって、そのあと「20km駅伝」と「フル駅伝」が同時にスタート、という流れです。ぼくが会場入りした10時すぎは、ちょうど親子ランがはじまるころでした。なかなか楽しそうだったなあ親子ラン。

会場には有森裕子理事長(スペシャルオリンピックス日本の理事長)のお姿も!写真は遠目からですが(舞台上、白Tの方です)、レース中にはハイタッチもできて、わりと感激しました!

で、レースの中身ですが、交代は1周(つまり2km)毎で、同じひとが何度走ってもいい、というルールでした。まず先生1 → 女子高生 → 先生2 → 先生3、とそれぞれ2kmずつ走り、女子高生が再び出走、4km走って、次がぼくの番でした。

当初の作戦では、ぼくが一気に6km(3周)走って、最後アンカーの「先生4」に繋いで、残り2kmを走ってもらう、という筋書きでしたが、初っ端から突っ込みすぎてしまったのと、暑さも手伝って2周目でバテバテに。

急遽チェンジしてもらい、しばし休憩。「先生4」が1周したところで、もう1周はムリ、てことだったので、ぼくが再登板、最後の1周を回ってゴール!という、少々ややこしい展開を辿りました。

あとになってよくよく考えると、何だか最後、自分がアンカーになって目立ちたいやつ、みたいになってて、申し訳なさでいっぱいです笑。

暑すぎてびっくりしたよね。海辺の日差し舐めてたよね……。

肝心の成績はというと、会場のディスプレイに流れていた速報を、ざっと眺めたところでは、およそ120チーム中、60何位とかでした。ちょうど半分くらい。まあ、がむばったほうかな笑。

個人的に測ったラップ(自分が走ったところだけ)は、こんな感じです。

やぱ最初飛ばしすぎてますね笑。ポジティブスプリット。小休止のあと(KM 5)は、ちょっと学習したのか、ゆっくり入っています。単純に疲れててスピード出なかった、てのもありますが笑。

6kmくらいなら、キロ5でも余裕あるかなと思っていましたが、夏場の昼間だとまだムリですね。それと、最近の練習不足もたたって、走り終わったあとにはすっかりバテてしまいました。カラダが痛い。情けない。衰えを痛感です。

ホント、ここ数ヶ月は全然走ってなかったからなあ。今週は、心を入れ替えて、がむばろう(てこれもわりと毎週言ってる気がします)。