日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

食生活あれこれ

最近、食事のときにちょっとだけ気をつけていることを、つらつらと書いてみようと思います。

野菜から食べる

いつだったか「ランスマ」(NHK-BSで放送されているランニング情報番組です) で、「野菜から食べるといい」みたいなことを言っていました。それを観て以来ちょっと意識しています (たしか「ザ・たっち」のダイエット企画だったと思います) 。

なぜ良いのかという詳しい説明は忘れましたが、とにかく同じ量を食べるにしても、野菜から食べるほうがダイエット効果は高いんだとか。

お腹がすいているときは、ついつい肉っ気のあるものに手が伸びてしまいますが、その衝動を一瞬だけ我慢して、まず野菜をムシャムシャ食べることにしています。ムリに節制するよりもずっとカンタンです (とゆうか、食べる量を無理やり減らしても必ず反動がきてしまいます。ずっとつづけてこそダイエット!) 。

まだはじめたばかりで効果のほどはナゾですが (意識しはじめたのは、ほんの一週間ほど前です笑) 、とりあえず体脂肪率がちょっとだけ下がりました。

今までずっと14, 5%台をウロウロしていたのが、12%台に突入する日もチラホラ。単純に暑くて落ちただけだったり (例年、夏のほうが体重も体脂肪もちょっとだけ落ちます) 、他のいろんな要因が重なっているような気もしますが、この勢いに乗っかって、うまいことキープできたらなと思っております。目指せひと桁 (笑) !

走る前日は飲まないほうがいい?

夕食のときは、たいていビールをひと缶飲みます。ほとんど毎日。ぼくは大してお酒が強くないので、ビール一杯飲んだだけでだいたい満足できてしまいます。経済的!

若いころは何となく、お酒は強いほうがカッコイイと思っていましたが、いまはそんなに飲めなくてもあまり気にならなくなりました。ひとと飲む機会がほとんどないからかもしれません (人間、何事も比べないほうがいいです) 。かといって「弱い」のをことさらに自慢するのもヘンなので、「経済的」という言いかたをしています。

ところで、ここ数日は暑すぎるので、おもに朝走っています。

夜飲んだ翌朝は、まだ体内にアルコールが残っている感覚があります。20時ごろ夕食が終わって翌6時ごろに走るので、インターバルは10時間。てことは分解はおわっているのか。

いや、残る感覚というとちょっと語弊があって、実際には先日、たまたま夜飲まなかった日の翌朝に走ったら、すこぶる調子がよかったのです。

やっぱり朝走るときの前日は、禁酒したほうがいいのかな、なんてことをちょっぴり思いました。晩酌、夜のささやかな楽しみなんですけどね笑……。まあ、そこまでストイックに走ってるわけでもないので、次の日のメニューが (長く走ったり速く走ったり、など) 強度高めな日はちょっとだけ気をつける、くらいの気持ちでいることにします笑。