日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

歯ごたえを楽しもう!根菜のきんぴら

ささがきにしない「きんぴら」を作りました。ぶりっとした歯ごたえが美味しいです。

材料

材料はこんなところで、分量 (4人分) は以下の通りです (写真のぶん全部使ったわけじゃありません) 。

  • ごぼう: 200g
  • にんじん: 100g
  • れんこん: 100g
  • ちくわ: 100g
  • いりごま: 小さじ2
  • ごま油: 適量

んで、以下は合わせ調味料。

  • 砂糖: 大さじ2
  • 酒: 大さじ2 2/3
  • しょうゆ: 大さじ2 1/3

つーわけで、参考にしたレシピは例によって「おしゃべりクッキング」です。分量通りだと明らかに味が濃くなりそうだったので、合わせ調味料の量は半分程度にしました。

調理!

まずは材料を切ります。ごぼう、にんじん、ちくわは4cm長さ / 3mm角の棒状、レンコンは3mm厚さの半月切りにします。だいたいの大きさを揃えるのがポイントです。揃えておくと、火の通りがほぼ同じになります。

固いのが苦手な場合は、ちょっと細かめにするといいです。今回もごぼうが1本ちょっと古いやつで固くなっていたので、細かめにしました。

合わせ調味料 (砂糖、酒、しょうゆ) を上の分量通りに混ぜておきます。これも事前に作っておくのがポイント。炒めはじめてから調節しようとすると、多くなりすぎて失敗のもとです。

炒めていきましょう。ごま油を適当にフライパンで熱します。

ごぼう、にんじん、れんこん、ちくわをドサッと一気に投入!ごぼうがイイ感じに透明になるまで、強火で炒めます。適当なところで食べてみて、固さを確認しましょう。

炒まったら一旦火から離して、フライパンの底に濡れ布巾を当てて粗熱を取ります。熱いまま調味料を加えてしまうと、一気に蒸発してうまく絡みません。これちょー重要ポイント。

したら戻して、調味料投入!強火で一気に絡めます。

煮汁がだいたいなくなったらいりごまを振って、完成です!

感想!

味つけカンペキ (自画自讃です笑) !やぱ薄味にしたのが正解でした。じっくり炒めたので固さもバッチリ。美味しかったー!

「切る」工程がまだまだ未熟でめんどくさいですが、そこをクリアできれば (今回は家族に手伝ってもらいました) あとはレシピ通りやるだけでいいんで楽チンです。

定番決定笑!今度は「切る」ところも含めて全部ひとりでやってみよう、かな。