日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

2015年4月に観た映画まとめ

4月に観た映画を振り返ります。

先月同様、8本鑑賞しました。すべて劇場で、うち試写会が6本!ほとんど試写ですね。タダ見バンザイ笑。

8本中、邦画が3本。去年劇場で観た邦画は、年間でたったの2本だったので、このひと月だけで昨年を上回ってしまいました。徐々に邦画づいてきている、てわけではないかな笑。

以下、観た順に振り返っていきます。感想は (1本を除いて) もうひとつのブログに書いたので、ご興味があれば覗いてみていただければと思います。

あん

とにかくどら焼きが美味しそうです。もちろんそれだけじゃないですが笑。5月30日公開。

感想 ▷ あん (2015)【映画】どら焼きの中のライフイズビューティフル

バードマン

タイトル長いんで省略笑。アカデミー賞ですね。長回しが堪らない!

感想 ▷ バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014)【映画】JAZZだね!

イミテーション・ゲーム

チューリングの伝記映画。『バードマン』観た直後に続けてみたのが失敗だった……。NHKの安っぽい歴史ドラマみたいでガッカリ。

あの日の声を探して

チェチェン紛争を描いたフランス映画。いい反戦映画でした。

感想 ▷ あの日の声を探して (2014)【映画】人間の「弱さ」をあぶり出す「戦争」

龍三と七人の子分たち

たけしさんの任侠コメディ。お笑いの教科書みたいな映画です。

感想 ▷ 龍三と七人の子分たち (2015)【映画】ヤクザが演じる「笑い」の手本

グッド・ストライプス

今風カップルのユルい日常。情景をただただ切り取っているだけなのが堪らなく愛おしいです。こーゆう映画をずっと観ていたい。5月30日公開。

感想 ▷ グッド・ストライプス (2015)【映画】共感を斥ける平行線

フォーカス

詐欺師、つーかスリじゃん笑!観客のフォーカスまで外すことないのに笑……。

感想 ▷ フォーカス (2015)【映画】その真相はチェンジです

ラン・オールナイト

いつも通りのリーアム・ニーソン。この路線はそろそろお腹いっぱいです。5月16日公開。

感想 ▷ ラン・オールナイト (2015)【映画】一晩逃げる。一晩向き合う。

さいごに

『あん』と『グッド・ストライプス』はかなりお気に入りな作品です。これから公開なんでみんな観にいきましょう。と、興行的にも成功してほしいところですが、わりと好みが分かれそうなんでどーかなとも思っています。全力で応援しよー。

すでに公開中の作品だと『あの日の声を探して』がオススメです。暗いですが、良い映画です。少なくとも『アメリカン・スナイパー』なんかよりはずっといい反戦映画だと思います。

『バードマン』も面白かったですが、これはぼくがプッシュしなくても評価されてますし、まあ、いーや笑。

逆にガッカリだったのは『イミテーション・ゲーム』と『フォーカス』。特に前者はアカデミー賞獲った意味が分からないです。思い返してもやっすい脚本だったなあ!

さてさて、5月に公開する作品 (かつまだ観ていない) でわりと気になっているのは、『真夜中のゆりかご』『シグナル』『ゼロの未来』『チャッピー』『リピーテッド』『サンドラの週末』『誘拐の掟』あたりでしょうか。わりとSFが多いですね。

リアルに観たいのは『ゼロの未来』と『サンドラの週末』くらいかな。『真夜中のゆりかご』も観たかったんですが、試写会ハズレちゃいました残念笑。

あとあと、4月公開でまだ観れていない『セッション』と『インヒアレント・ヴァイス』もだいぶ気になっています。まずはこの2作優先かなあ。

それと、4月は観た映画に触発されて読んだ本も何冊かありました。そのあたりの読書まとめは、またエントリを改めて。