日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

ピーキングの効果?調子が上向いてきた (気がする) 調整期!

金哲彦コーチ監修のフルマラソン100日トレーニング、通称「100金」を続けています。週に一度の進捗報告、いよいよレース本番に向けた最後の仕上げ「調整期」だよ!

ちなみに、こちらの書籍を参考にしています。▷ 『金哲彦のマラソン練習法がわかる本

前回 ▷ 最後のリカバリー期も休みすぎ!

調整期その1 (レース13 ~ 7日前)

  • 月 休養
  • JOG 60分 & WS 5本 (6分04秒/km)
  • 水 休養
  • RP5km (5分52秒/km)
  • 金 休養
  • JOG 60分 & WS 5本 (5分30秒/km)
  • LSD 90分 (のところを実際にはビルドアップ15km) (5"54/km)

今週は何とか「1日おき」のリズムで走ることができました。前半は今ひとつペースが上がらず、レース2週前なのにこんなんでだいじょうぶか!と焦っていましたが、そんなに休みすぎることなく走っていたらじわじわと調子が上向いてきて、週末はちょっと怖いくらい快調に走れました。

これが金コーチの言う「ピーキング」ってやつなんでしょうか。100日トレーニングの後半は怠け癖が出てだいぶアレンジしまくりましたが、まずまずメニュー通りに走ってきた成果、てことなのかなあ。気のせいじゃないと、いいな笑。このままの調子で本番を迎えられたらサイコーです。

こんだけ調子が良いと、走りすぎてしまうのが怖いです。が、いま読んでいる小出監督の本には「レースに向けて重い脚を作る」てことも書かれてたので、来週はこいつを実行してみよーと思っております。

何でもレース3日前にしっかり追い込んでおくと、レース当日の序盤は脚が重くなって、自然とネガティブスプリットになるんだとか。逆にたくさん休んで脚が軽いと、序盤から突っ込んでしまって後半苦しくなるんだそうです。あー、後者は容易に想像がつきますね。

今度のレースは後半型で走りたいと思っているのですが、意図しても序盤うまく抑えられた試しがありません笑。それを自然と実現できるなんて!幸い脚の状態は良いので、これは試してみるしかありません。

てわけで、ラスト1週も直前までしっかり追い込みます!それと、金コーチのメニューではレース前日にも「40分ジョグ&WS3本」があります (それにしても最後まで走らされるなあぶつぶつ笑) 。これもしっかり走るつもりです (けどココは攻めすぎないよーに気をつけよー) 。

泣いても笑ってもあと1週、とゆうか横浜ではわりと笑いたいので、ここまできたら金コーチ (と小出監督) を信じて、最後までしっかりがむばろー。