日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

ひとり東京マラソン2015!ただし30km、主に西部

東京マラソンを何気なくTV観戦していたら、メラメラとやる気が出てきたのでちょっと30kmほど走ってきました。題して「ひとり東京マラソン、ただし30km、主に西部」です。

ぼくの本番レースである横浜マラソンへ向けた、最後の長距離ペース走です。てかもう3週間後なのかマジか。てまあ、今日30km走るのは事前にメニューとして組み込んでたんですけどね笑。

とはいえ本日は朝から雨まじりのどんよりとしたお天気。一昨日昨日と2日続けて90分走ったってのもあって、脚には疲労も溜まっています (特に一昨日の坂ダッシュが余計でした。サボったツケがきています笑) 。

つかそもそも、今日に向けては食事とかも含めて何の準備もしてこなかったなあ (一応、昨日は禁酒してみました。気持ちの問題) 。ホントに30kmも走り切れるんでしょうか。

金コーチのお言葉 = 金言

と、半ば萎えかけていた心を再び奮い立たせてくれたのは、他ならぬ我らが金哲彦コーチのお言葉でした。東京マラソンの解説中に、こんなことを言っておられたのです。

(ちなみにですが、金コーチのスーツ姿とゆうかランニングウェア"以外"のお姿ってはじめてみました。カコイイ!) 。

「今日みたいな気候 (雨上がり or 雨まじりで、水気を含んだ空気) だと、呼吸がしやすい (から走りやすい) 」

確かに!乾いてるときより多少湿ってるほうが、喉が潤って走りやすい、てのは経験あるよーな気がします。なるほどなあ、これぞまさしく金言!

つまりは30km走るのにベストなコンディションてことですね。今日やらずしていつやるのか……。つか今日以降はリカバリー&調整に回したいので、先延ばししたところでやる日がなくなるいいから今日走れ。

とゆうわけで脚の状態は今ひとつですが、とりあえず優勝したネゲゼの走りを観て気力も漲りまくっていますし、ええいいってしまえ笑! と、金言の後押しもあって出走を決断いたしました (以上言い訳とゆうか葛藤長かった) 。

後押しだよね、崖から突き落とされたんじゃないよね笑?

キロ5分半でどこまで走れるのか

本日の目的は「サブ4ペースでどこまで走れるのか試してみる」です。キロ5分半を維持しつつ、どれくらい走れるのかそもそも走り切れるのかダメージはどれほどなのか、てのを見極めます。

キロ5分半てゆうと、ぼくにとってはそこそこがむばって走らないと出せないペースです。かといってがむばりすぎると一気に5分10秒台あたりまで上がってしまってコントロールが難しい。

感覚的には「遅れないように6、抑える4」くらいの割合ですかね。キロ6分だとこれが逆になる感覚です。がむばろー。

まあ今日は試走ですし、初っ端から意識的に飛ばします。そこそこ脚も重たいので、それくらいの意識でちょうどいいような気がします。

ちなみに装備はこんなところです。塩タブ4、飴ちゃん2、それと「東京30K」で貰ったアミノバイタルの粉!せっかくなんで使ってみましょう。

水分は持っていきません。身軽で走りたいもんで。給水は公園で賄うことにします。

コースはいつも走っている川沿いです。一往復15kmのコースを取れるので、2往復しましょう。1回目でイヤにならないことを祈る笑!

このコースはほとんど信号がない (&お水を飲める公園がたくさんある) のが利点なんですが、タイミングが悪いと引っ掛かる箇所が少々あります。その場合はアプリの計測を一時停止することにします。

あと、給水で手間取りそうなとき (特に粉を飲むときなど) も計測は切ることにしました。落ち着いて水を飲もう。

27kmで惨敗!

んでいきなり結果です。こんな感じになりました。

5km毎のラップに直すと、27"42 (5"32/km) - 27"57 (5"35/km) - 27"32 (5"30/km) - 27"49 (5"34/km) - 29"11 (5"50/km) - 14"24 (2km: 7"12/km) 。

ハーフあたり (21km) まではまずまずなペースで引っ張れたんですが、23kmあたりから徐々にペースが落ちていき、25km過ぎでパタッと止まってしまいました。脚が全然動かねえ。

最後は脚が痛すぎて歩き出してしまい、あえなく27kmで断念、おウチまでまだ2kmくらいありましたが、計測をやめました。こんなに辛くなったのはいつ以来だろう……。

走ってて辛いと感じるのはまあけっこういつもなんですけど、本日はそれを通り越して「楽しくない」までいってしまいました。楽しくないのはホントに哀しいです。

やっぱりぼくの実力では、キロ5分半ペースってのはまだちょっとムリがあるみたいです。わかってはいましたけど、事前に確認できてある意味よかった。何だかスッキリしました。

それにせっかく走る大会ですし、今日みたく「楽しくなく」なっちゃったらそれこそ意味がないですからね。

今日走り切れなかったのはけっこう屈辱なんですが、まあこれが本番じゃなくてよかったと思って、切り替えることにします。

てわけで、横浜では余裕を持ってサブ4.5 (ペースは6"20/kmくらい) を目標にします!色気をみせるならキロ6分ペース (これだと完走タイムは4時間12, 3分) まで、それ以上はムリしないように!

て何だかサラッと、けど高らかに宣言してしまった笑!けどそもそもホントに走り切れるのだろうか。不安は尽きない……。

失敗から学ぼう

と、本日は少々残念な結果に終わってしまいましたが、目標やら方針やらもいろいろとみえたので、やっぱりやっておいてよかったなあと思います。この失敗を本番に活かしたい。

ぼくの場合、ハーフ以上の距離はそこそこ準備して挑まないとムリ、てことも今日の試走でハッキリしました。

事前にある程度食べたり飲んだりあるいは飲まなかったり、あと脚の状態もしっかりと整えたりして、本番1週間前くらいから計画的に過ごさないと、フルは到底走りきれない、てことを再認識しました。

しっかりと整えて、体調万全で挑みたい!つかそーじゃないといろいろ後悔しそうです。目標達成云々よりも、まずは悔いのないように、全力は出し切りたい。

残りの日数でしっかり回復&調整しよー。レースはすでにはじまっている!てまだちょっと気が早いか笑。

2/22のRUN: 30kmペース走 (実際に走ったのは27kmまで)

  • 本日の走行距離: 27 km
  • 本日の平均ペース: 5"44 /km
  • 今週の走行距離: 70 km
  • 今月の走行距離: 167 km

そんでも平均ペースは5分40秒台だったのね。まあ、止まっちゃったら意味ないけど。つかフルはあと15kmも走らなくちゃいけないのかあ、想像を絶するなあ遠いなあ。

あとあと、計測を切ってから歩いて帰るまでの2kmくらいがめっちゃ寒くて地味に辛かったです。早く帰りたい、でも走れないというディレンマ、てそんな追い討ちいらんから笑。

アミノバイタルの粉

そうそう、"途中棄権"したことですっかり忘れていましたが、アミノバイタルの粉はちょうど半分の、15kmほど走ったところの公園でしっかりと飲みました。

サラサラしたパウダー状のものを想像してたんですが、けっこうなグレイン (grain) 感でちょっとビックリしました。お薬なんかでも顆粒って苦手なんだよなあ (子どもか笑) 。

お水と一緒に飲め、て書いてたので、まず粉を口に含んでから、公園のお水で流し込みます。粉は上向いて飲むのに、水は下向かなきゃいけないってけっこうムズいのな!

下向きなせいか、いつも以上にゴホゴホしてしまいました。粉薬飲むのヘタ笑。そんでも飲んだ瞬間は、一瞬脚がフッと軽くなったような気がしました。アミノバイタルやぱすげ!

と思ったのも束の間、何だかイマイチうまく飲み切れなかったみたいで、ノドに引っ掛かったまましばらく走らなきゃいけなくなる、てゆう罰ゲームつきでした。

疲れて気がたってるから些細なことでもすごくイライラする笑!やぱ慣れないことはするもんじゃないなあ……。

てか失速したのって、コイツのせい、じゃないよね?