日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

書くことがないから書くことについて書く

この3日間は「休養 → ラン → 休養」という予定だったのですが、真ん中の走る日にピンポイントで雨が降ってしまい、結局3日連続で休足となってしまいました。

まあ予定をずらして走れば済むはなしなのですが、明日からの3日間はまたみっちり走り込む予定なので、今日走ると4日連続になってしまってツライです。

お天気悪いといろいろままならないなあとゆうか本番も雨だったらヤだなあと、今からビクビクしております。

ネタがない!

とゆうわけで、走っていないとブログにも書くことがありません笑。これが何気に困るのです。

いちおう「日刊」を謳っているので、毎日更新を旨としているのですが、走らないとネタがなくなってしまいます。

何だか最近はネタ作りのために走ってるみたいなところもあって、ブログがトレーニングをサボらないモチベーションになっていたりもします。華麗なる本末転倒万歳。

つかこのブログは日々の記録やランニング日誌、あるいは思いついたことを書き殴るための「場」としてはじめたものなので、本質的には何を書いてもいいとゆうかそもそもすべてのブログって自分が書きたいことを書きたいように書きゃいいと思うんですが、ある程度書き続けて記事も溜まってくると、意図したわけでもないのにある種の「型」みたいなものができてきちゃうから不思議です。

何となくこれは書くべきではないな、とゆうのがある程度決まってくるとゆうか。まあ、それがいいことなのか悪いことなのかはナゾですが。

てこーゆう「書くことがない!」みたいな内容はあんまり書きたくないなあと常々思っていたのですが、はなしの行きがかり上書いてしまいました笑。いいから走れってはなしです。ハイ、がむばります!

思いついたことを書く

「はなしの行きがかり上」なんてことを書きましたが、ブログを書くときはあまり構成を決めず、筆の (PCで書いてるから正確にはキーボードの、とゆうか厳密には指の) 赴くまま書き殴っています。

ある程度書いては読み返し、文章や流れがおかしいところは書き直したり順番を入れ替えたり、てことを繰り返して書き進めていきます。

ちょっと前までは読みやすい文章を心がけていたのですが、最近は敢えて読みにくい文章にしてやろうかなとゆう野心 (?) が芽生えていたりもします。いたずらに長い文章を書いてみたり、句読点を打たずに文を書き連ねてみたり。

「てゆう」なんかも正しくは「という」ですが、敢えてそうしています。地味なこだわり笑。まあ、正しい日本語を極めたいわけではないですから。

あと以前に伊坂幸太郎さんが何かの小説 (『マリアビートル』だったかな?) で「体言止めを多用してる文章は頭悪そうにみえる」(体言止めじゃなくて形容詞だったかな) みたいなことを言っててなるほどなあと思ったことがあります。

たしかに体言止め (や形容詞止め?そんな言いかたあんのか?) って書いててラクなんですが、読み返すと稚拙に感じてしまいます。なので以来気をつけています。

リズムを大切に

それと、何気に一番大切にしているのは文章のリズムです。頭の中で読み返したときに、ぼく自身が気持ち悪いと感じるリズムは自然な流れに直すように心がけています。

声に出して読むわけではないので「音節」てのとはちょっと違うようにも思いますが、リズムを整えるために「何か」とか「まあ」とかムダな語を挿むことがよくあります。ある種の冗字 (null) ですね。

てこれぼくが心地いいと感じるリズムが他のひとにも自然なのかどうかは完全にナゾなので、かえって気持ち悪い文になってるかもしれないんですがこれも「敢えて読みにくい文章」を目指す試みと合致してるよーな気もするからまあいいや笑。

文章のリズム感、てことで言えば意図的にひらがなやカタカナを使うこともあります。「人」を「ひと」と書いたり、「一つ」を「ひとつ」にしたり。必ずってわけでもないですが、ひとつの記事中でなるべく統一するようにはしています。

あるいは強調したい箇所は敢えてカタカナにしてみたりってこともよくやります。「嫌い」を「キライ」と書いたり。ネガティブな語をカタカナにすると、ちょっと柔らかくなるように感じます。

漢字って固いとゆうと鋭いとゆうか、使いすぎると文が尖るような気がします。このあたりの強弱は完全に感覚なんですが、これも自分が読んでいて気持ちいい文章になるように意識しています。

さいごに

と、ランニングをサボった言い訳 (笑) を書きはじめたら、思わぬ方向にはなしが進んでしまいました。これだからブログは面白い!

ちなみに最近は「CotEditor」とゆうテキストエディタを使って文章を書いています (ダウンロードはこちらから。▷ CotEditor -Text Editor for OS X) 。

更新や調整 (HTMLタグ挿んだり) は「MarsEdit」とゆうブログ執筆アプリを使うので完全に二度手間なのですが、「CotEditor」だと文字数がわかるので重宝しています (はてなブログのエディタでも文字数はわかりますが、ブラウザで書く気にならない笑) 。

ぼくはすぐにはなしが脱線して文章が長くなってしまうので、そのへんを抑える意味でも「いま何文字か」てのがわかるのはありがたいです。

この文章も「CotEditor」を使ってきました。今だいたい2,100字ちょっとです。毎日2,000字くらいは書きたいしそれくらいでまとめたいと思っているので、まさに「ちょうどいい」分量、つーわけでそろそろ終わりにします笑。

明日はちゃんと走るぞー!

マリアビートル (角川文庫)

マリアビートル (角川文庫)