日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

東京30k冬大会を振り返る!【その5】ゴール後と総括

さいすうかい!

先日参加した「東京30k冬大会2015」、これまで4回に分けて振り返ってきましたが、今日が最終回です。前回の様子は以下をご覧ください。

前回 ▷ 東京30k冬大会を振り返る!【その4】第2の痛み

あとから並べばよかった

感動のゴール後、計測タグを返却。何やら列ができていたので、流れで並んでしまいました。

ひょっとして記録証とか貰えんのかなと期待したんですが、ゲットできたのは参加賞のTシャツと、食べ物いろいろ。寒いし脚痛いしで早くゆっくりしたかったのに、だいぶ長いこと並ぶハメになってしまいました。

先に着替えて、あとから並ぶんでも全然問題なかったっぽいです (とゆうか、「後から並べ」的なことを盛んにアナウンスしていました) 。て並びはじめちゃってたからもう遅いですね。先言ってよそれ。

苦心の末にゲットした参加賞はこちら (おウチに帰ってから撮影しました) 。

バナナ、みかん、ビール、アミノバイタルのドリンク、インスタントのみそ汁 (あさり) 、ランチパック的なパン (ハム&マヨ) 。それと写ってないですが、現地で食べちゃったおにぎり (昆布) 。こんなに貰っていいの、てほど盛りだくさんでしたありがたや。

完走賞のTシャツはこんな感じ。紺地に黄色い文字、クールですね。ロンTあんまり持ってないんで、うれしいです。

サイズはS、M、L、LL (もっと大きいのもあったかな?) から選べます。無難にMをいただきました。

背中はこんな感じ。「For Your Race」、どっかの自動車メーカーみたいですね。

ちなみに、記録証は後日RUNNETからダウンロードできるようになっていました。2, 3日後だったかな。郵送はありません。

ランフォトの写真を、自由に組み合わせられるようになっていました。写真も全部無料、太っ腹ですね。

おつかれさまでした!

参加賞を受け取ったあとは、預けておいた荷物を回収して、全行程終了です。

応援にきてくれた友人に撮ってもらいました。何かヘンな感じになっちゃったんで、もう一回撮り直そうかと思ったらスマホの電池が切れてジエンド。充電器は荷物の中に入ってましたけど、寒すぎて一刻も早く着替えたかったので、この写真で諦めました笑。

その代わり、てわけでもないですが、プロ撮影によるかっちょいい写真も貼っておきます (ランフォトから落としたやつです。勝手に使っていいのか知らんけど) 。

ゴールの瞬間、表情に全く余裕がありませんね笑。色白いとこーゆうとき損なんだよなあ。生気がまるでない。

今度からゴールのときは笑顔を意識しよう。あと帽子も取って、手も高く挙げよう。手は今回も気持ち広げてみましたが、中途半端で返って浅ましいですね恥ずい。次回は気をつけます。てそんな余裕、あるかな……。

ちなみに、最初の写真ではビールを持っていますが、これも単なるポーズです。飲まずに持ち帰りました笑。ネット上の虚像ってこうやって出来上がっていくんだな怖い怖い。

ゴールの表情を見ていただければわかるかと思いますが、けっこうヘロヘロな状態で、ビールなんか飲んだらすぐ酔っ払いそうだったので、自重しておきました。それと何よりも、寒くて全然気分じゃなかった、てのもあります。

そうそう、写真を撮ってくれた友人が、ついでに差し入れも買ってきてくれましたありがとう。たぶんこのお店で。▷ メイカセブン - 大島/パン [食べログ]

会場近辺 (ひとつお隣の大島駅) ではかなり有名なパン屋さんみたいです。ここの人気商品、薄皮あんぱんと77%レーズントーストを差し入れてくれました。

せっかくなので、その場で少しいただきました (写真はなし。スマホの電池切れてたんで笑) が、あんぱんがあまりにも薄皮すぎて、パンとゆうよりはほとんどあんこを食べてるみたいでしたがぼくはげんきです (持って帰って後日美味しくいただきました) 。

参加賞の昆布おにぎりを食べたくなったことからもわかる (そしてその後はラーメンを食べにいきました。塩分摂りすぎ野郎笑) ように、やっぱりラン後は糖分 (甘いもの) よりも塩分 (しょっぱいもの) を欲するみたいです。

そいや、走った直後は顔中塩だらけで痛かったなあ。塩分が不足すると節水障害みたいになるので、走ってる最中も塩タブレットを5kmごとに食べて、気をつけてたんですけどねー。

幸いカラダがおかしくなることはありませんでしたが、それでも多少の不足感は出るみたいです。どーしたものか。事前にもっと摂っておくべきなのか。難しいです。

タイムと順位

さてさて、肝腎のタイムは以下の通りです。

初っ端からトイレでロスして、中盤モリモリ取り戻すも、最後はヘタってしまいました。まあでも、まずまずキロ6分ペースは維持できたかなと思います。ペースメーカーさん様様です。ありがとうございました!

中盤もうちょっと抑えてたらどーなってたのか、てが気になるところです。もっとラクだったのか、あるいはキツかったのか。案外大して変わらなかったりして。

順位は全体が2,128 / 3,468位、男子の部が1,832 / 2,712位でした。上位半分の道は遠い。

自己計測のアプリ (Runkeeper) からは、こんなものもいただきました。1位は、「いたばしリバーサイドハーフ」のときかな。つか、「19 - 41 km」て、幅広すぎじゃね笑?

走ったあとも東京駅周辺をウロウロして、この日の合計歩数は5万歩弱までいってしまいました。脚が棒のようだ……。

フルマラソンへ向けて

はじめての30km走を追えて、サブ4ペースはまだちょっとキツいかなあ、てことを改めて感じました。

今回よりもキロ当たり30秒近く早いペースで、さらにあと12km以上走らなきゃいけない、てのはちょっとどーしたらいいのかイメージできないです。

もちろん、諦めずに練習は続けますが、フルもキロ6分ペースで、てのがより現実的な目標かなと思っています。それでもまだまだ足りない部分がありそうですが。

キロ6分だと、フルの想定タイムは4時間12, 13分。まあ去年の初マラソン (そして今んとこ唯一) では6時間近く掛かってしまったわけですから、このタイムでもかなりの進歩ではあります。

「30秒早く」と「あと12km」、両方は難しいけど、どっちか一方なら今後の練習で何とかできるかも、そんなところです。

不安なのは、脚の痛みです。今回、15kmあたりと25kmあたりで、二段階の痛みを経験しました。つーことは35kmあたりでもういち段階くるってことじゃね?てかそれが俗にゆう「35kmの壁」かあ!何か妙に腑に落ちました。

対策は、練習でも長い距離を走る機会を、なるべくたくさん設ける!てことくらいしか思い浮かばないです。

ある程度は慣れの部分のあるんじゃないかと勝手に思ってるので、ペースはゆっくりでもいいから長く走って (LSD!) 、筋持久力を鍛えよう!と考えています。てこれは30km走に出場する以前からの課題ですね。より明確になった感じです。

もう一回くらいは、30km以上の距離を (今度は自主的に) 走っておきたいなあとも思っています。ペースは気にせず、できれば35km以上を一度経験しておきたい。第3の痛みがあるのかないのか、あるとしたらどの程度なのか。

それと、レースに向けてある程度長く早く、てのもやっていかないとです。20kmのペース走なんかもどんどん走っていこう。

あとは筋トレですね。今からやって間に合うのかわかりませんが、サボらずしっかりやっていきたいところです。腹筋を鍛えて、胴で引っ張る!体幹で走る!

とゆうわけで、まとめると、今後も気抜かずにしっかり練習しよー、てことです。故障には気をつけつつ、がむばります。

まとめ

「東京30k冬大会2015」の振り返りはこれでおしまいです。

ペースメーカーさんはじめ、給水給食、交通の便、大会の規模、協賛の差し入れなどなど、どれもこれも素晴らしかったです。文句なし!おかげで全力を出し切れました。関係者の皆様ありがとうございました!

不満な点はほとんどありませんが、強いて言えば、コースの狭さと単調さ、ですかね。

まあぼくは荒川沿いの大会を過去に経験済みだったので、どんな雰囲気なのかはかなり明確にイメージできていましたが、はじめてだとちょっと物足りないと (or 不満に) 感じてしまうかもしれません。

好天に恵まれたのはホントにラッキーでした。前日はテントが吹き飛ぶんじゃないかってほどの強風だったみたいですし、運が悪いと風がすごいことになりそうです。荒川沿いの向かい風は、けっこう挫けるからなあ (板橋Cityの苦い思い出……) 。

まあ今年はまずまずなコンディション (ちょっと寒かったですが) でしたし、何よりも目標を達成できたので、言うことなしです笑。

とゆうわけで、とっても良い大会でしたー!来年も、タイミングが合えば是非参加したいです!

おわり。