日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

ランナーズハイに身を任せ

5kmくらい走ると、カラダが暖まって気持ちよくなってきます。俗にゆうランナーズハイってやつです。

11/28のRUN

  • 本日の走行距離: 10.21 km
  • 本日の平均ペース: 6"06 /km
  • 今週の走行距離: 15 km
  • 今月の走行距離: 82 km

2日連続の出走。昨日久々に走ったにしては、疲労も残らず元気一杯です。まあ、5kmだけでしたからね。

んで今日は一気に倍の10km走りました。久しぶりだから長い!

4kmあたりまではカラダが重くて挫けそうでしたが、6kmくらいからイイ感じに脚が暖まって調子が出てきました。ランナーズハイってやつですね。

フルマラソンだと、このランナーズハイに乗っかってペースアップしちゃうと、あとあと大変なことになるんですが、今日は10kmなんでいいでしょう。気分に任せて気持ちよく走りました。

最後のほうはWS (ウィンド・スプリント) を5本ほど。9kmあたりでペースがぐわっと上がっているのは、このWSのためです。あまりに気持ちいいから飛ばしすぎた、てわけではないですヨ。

WSは呼吸を意識して走りました。Eテレ「3ヶ月でフルマラソン」で、ダッシュしすぎた内藤選手 (ボクシング元世界チャンピオンの内藤大助さん) が「無酸素運動になってる!」て注意されていたので。

つか今まではぼくも、ダッシュんときは全力で走ってた気がします。あくまで有酸素でやらないと、意味ないみたいです。ダッシュしすぎて無酸素になると、かえって疲れが溜まっちゃうんだとか。

呼吸を意識する、てのがコツですね。息の出し入れをしながらゆっくり加速してみたら、何かそれっぽい感じでうまくできました。

TVで観てるときは、ペース早すぎたりダッシュしすぎたりで内藤バッカでー、なんて思っちゃうんですけど、いざ走ってみると自分にも当てはまる部分が多すぎて辛いです。

あれはひょっとして、視聴者のためのフリなのか。だとしたらすげーぞチャンピオン……。

悪い例を示したあとに、改善を促す指導。なんて教育的なんだ……。つかだから"教育"テレビなのか!何か繋がった笑!

てまあ今はEテレですけどね。何ならぼくの中では、いまだに"3チャン"なんですけどね笑 (今は2チャン) 。