日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

なすのキーマカレー

料理の王道、みんな大好きカレーライス。タダのカレーじゃ面白くないんで (天の邪鬼笑) 、キーマカレーを作ってみました。

材料

  • 合びき肉: 200g (¥385, @お肉屋さん)
  • 玉ねぎ: 3個 (いただきもの, 参考価格: ¥380/1.8kg, @生協)
  • なす: 3本 (¥128, @スーパー)
  • にんにく: 1.5片 (¥275/2個, @生協)
  • しょうが: 10g (¥158/95g, @生協)
  • カレールー: 2片 (¥160/8片, @生協)
  • 水: 1.5カップ
  • お酒・オリーブ油: 適量

材料は4人分、のつもりでしたが、実際は3人分あるかどうか、てところでした。少食一家のわが家にはちょうどいい量だった笑!

使った分の経費をざっと概算すると、750円弱。ひとり分250円です。経済的!

調理

お料理の大まかな流れですが、まず野菜を切って下ごしらえ。そしたら材料をフライパンにぶっ込んで煮る、とゆうか炒める。そんだけ!以上!簡単!

調理時間は、初心者のぼくでも30分くらいで作れてしまいました。思ってたよりずっと楽チンでした。お料理自体に慣れてきたのかな、なーんてね。だと良いんですが笑……。

下ごしらえ

おなすはヘタと花つきを切り落としたら、一口サイズに切っておきます。はじめて切ったけど、切りやすいな、なす。

しょうがとにんにくは粗みじんに。

玉ねぎも粗みじん。スライサー、てやつを使ってみました。テキトーな大きさに切ったら、装置にぶっこんでスイッチオン!ウイィィーーン!あっとゆう間にみじん切りの出来上がり。何これスゴイ笑。

あまりのスゴさに、写真を撮りそびれてしまいました。つか楽しいんで調子乗ってモリモリ動かしてたら、刻みすぎてペーストみたいになってしまいました。イチイチ新しい道具がムズイ笑。

炒める

フライパンに少量のオリーブ油をひきます。ちょっと多すぎたなこれ。

まずはひき肉をドカンと投入。中〜弱火で、ほぐしながら炒めます。そいえば、今回は合挽きを使いましたが、別に何のひき肉でも美味しくできると思います。そのへんはお好みで。

お肉がイイ感じに色づいてきたら、野菜を一気に入れてしまいます。

玉ねぎがアメ色になるまで、時間を掛けてじっくり炒めましょう。やや弱めの中火で、15分弱。なすもイイ感じにしんなりしてきます。

つか量が多くてけっこう重たいぜ!炒めるのも大変なんだなあ。

カレールーを準備。普通に市販のやつ。どんくらい使うかわからなかったんであれですが、実際に使ったのは、この写真の半分でした。

今回作るのはキーマカレー。あんまり汁々してないので、少量の水でも溶けやすいように細かく砕いておきましょう。しつこいようですが、実際に使ったのはこの半分。

カップ1杯の水とルーを投入。弱火で煮る、とゆうか炒めます。イイ感じにとろみが出てきて、全体にカレーが行き渡ったら完成です。

もうちょっととろみとゆうか汁っ気がほしかったので、さらに半カップくらい水を足しました。あと焦げついてきてイヤだったので、少量あまっていた料理酒もドバッと入れてしまいました。ホントに少量。

つーわけでほかには特に味つけすることもなく、完成です!ホントに切って炒めて混ぜるだけ。簡単だった!

感想

ごはんに盛っていただきます。美味すぎてモリモリ進みます。食べすぎる笑。なすとひき肉の組み合わせ最強だなあ。

例によって自画自賛ですが、今回はホントにうまくいきました。

玉ねぎをたくさん使って、じっくり炒めたのが良かったみたいです。コクが出た!

塩こしょうとかの繊細なさじ加減を必要としないのも、初心者にはありがたいかぎり。これは定番にしていこー。

改善点

味つけはカンペキ、とゆうかほとんどしなくても美味しくできたんですが、カレーの辛さはもうちょっとあっても良いかな、て気がしました。

辛口のルーを使うべきか、あるいは何かスパイス的なものを足すか。今度試してみるかあ。けど余計なことして雑味が出るのもイヤだしなあ。これはこれで十分美味しいので、悩ましいところです。

それと今回のは、カレーとゆうよりは「カレー味の炒めもの」に近い感覚でした。おかずとしてもいける、と考えればいいんですが、カレーと呼ぶにはもうちょっと汁っ気があってもよかったかな、とも思います。今度は水やルーをもう少し足しみよーかな。

参考

今回も、わがお料理バイブル (とゆうかこの本しか持ってない) である、佐々木俊尚さんのレシピ本 (P33) を参考にしました。

いつもの献立がごちそうになる!  新・家めしスタイル

いつもの献立がごちそうになる! 新・家めしスタイル

 

それと分量なんかは、やはり (勝手に) わが心の師である、上沼恵美子のおしゃべりクッキングを参考に組み立てました。

朝日放送|上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピ印刷用ページ|

このレシピはルーを使わず、スパイスから作るガチのヤツですね笑。いつか挑戦してみよー、かなあ……。