日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

2014年10月に観た映画まとめ

10月に観た映画を振り返ります。試写会も含めて映画館で9本鑑賞しました。今年 (とゆうかたぶん人生) の月間最多記録です!

10月の鑑賞メーター
観たビデオの数:13本
観た鑑賞時間:1544分

フランシス・ハフランシス・ハ
鑑賞日:10月01日 監督:ノア・バームバック
猿の惑星 新世紀(ライジング)猿の惑星 新世紀(ライジング)
鑑賞日:10月02日 監督:マット・リーヴス
麗しのサブリナ [DVD]麗しのサブリナ [DVD]
鑑賞日:10月03日 監督:ビリー・ワイルダー
お熱いのがお好き (特別編) [DVD]お熱いのがお好き (特別編) [DVD]
Nobody is perfect. 完ペキな人間はいない。
鑑賞日:10月03日 監督:ビリー・ワイルダー
しあわせのパン [DVD]しあわせのパン [DVD]
鑑賞日:10月05日 監督:三島有紀子
誰よりも狙われた男誰よりも狙われた男
鑑賞日:10月07日 監督:アントン・コービン
まほろ駅前狂騒曲まほろ駅前狂騒曲
鑑賞日:10月08日 監督:大森立嗣
ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]
鑑賞日:10月09日 監督:ジョン・カーニー
ジャージー・ボーイズジャージー・ボーイズ
鑑賞日:10月10日 監督:クリント・イーストウッド
イコライザーイコライザー
鑑賞日:10月16日 監督:アントワン・フークア
ハングオーバー! [DVD]ハングオーバー! [DVD]
鑑賞日:10月28日 監督:トッド・フィリップス
ベスト・キッド [DVD]ベスト・キッド [DVD]
鑑賞日:10月29日 監督:ハラルド・ズワルト
ア・フュ−・グッドメン コレクターズ・エディション [DVD]ア・フュ−・グッドメン コレクターズ・エディション [DVD]
鑑賞日:10月30日 監督:ロブ・ライナー

鑑賞メーター

プラス、試写会で観た『100歳の華麗なる冒険』と、『天才スピヴェット』を合わせて、合計15本でした。

途中4日連続で映画館 (『誰よりも狙われた男』〜『ジャージー・ボーイズ』まで。うち3本は試写会) へ行ったりもして、さすがにちょっと疲れました笑。映画って、座ってるだけだけどけっこう疲れるのよね。

試写会

試写会は6本。今月もたくさん観させていただきました。ありがたや。

誰よりも狙われた男』『まほろ駅前狂騒曲』は、期待しすぎてちょっと拍子抜け。けど『誰よりも〜』は後から思い返してじわじわきています。

『ONCE』は存在すら知らなかったんですが、かなーりよかったです。6, 7年前の作品なので、気になるかたはDVDででも観てみてください。つか、激しくオススメ!

イコライザー』は正直全然期待してなかったんですが、素晴らしい出来に大興奮!

んで『100歳の華麗なる冒険』と『天才スピヴェット』。まだ公開前ですが、ともに今年のベストに入ってきそうな1本。年末に向けて、良作が増えてきたなあ。

映画館で鑑賞

ほかに映画館で観たのは3本。つか試写会のが多いって笑。

『フランシス・ハ』はマジでキュートな1本。大好きになりました。音楽も素晴らしくて、このブログもyoutubeでサントラ聴きながら書いてます。つかいい加減買うかな笑。

Frances Ha (Music From the Motion Picture)

Frances Ha (Music From the Motion Picture)

  • Various Artists
  • Soundtrack
  • ¥1600

猿の惑星』は期待しすぎてコケたパターン。うん、前作のがよかったな。

『ジャージー・ボーイズ』は試写会に続いて2度目の鑑賞。「君に瞳に恋してる」と感動のエンドロールは、何度観ても、つーか観るたびに余計素晴らしかったです。

うん、『フランシス・ハ』も『ONCE』もだけど、今月は音楽の良い映画とたくさん出会いましたね。過去作だと『お熱いのがお好き』もか。耳に残る音楽を持ってる映画ってやっぱり素晴らしい!

邦画

邦画は2本。『まほろ〜』と、『しあわせのパン』。もともと洋画派でしたけど、最近その傾向が余計に強くなってます。小説なんかも含めて日本製の物語にどんどん惹かれなくなってる自分がいます。何でかなー。

過去作

最近にしては過去作もけっこう観ました。つか、そろそろおウチの録画機がヤバいので、がむばって消化しました笑。

お熱いのがお好き』以外は全て初見 (映画館も含めると『ジャージーボーイズ』も再鑑賞だけど) 。つかこの『お熱いのがお好き』てホント古びないですね。おんなじワイルダーの『麗しのサブリナ』はちょっと古びてる感じがするのに、何でだろ。

過去作の中では『ア・フュー・グッドメン』も良かったです。愛しのトム様わけー!デミ・ムーアもわけー!まるで『HERO』のような (つかこっちが先だからパクったのは『HERO』のほうだけど笑) 法廷もの。実に良く出来ていました。

つー感じで今月もたくさんの発見がありました。世界はまだ観ぬ素晴らしい映画で溢れていることよのう。願わくば来月も、まだ観ぬ良作との出会いを与えたまえ。駄作を怖れず、数射ちゃ当たるの精神で、来月もたくさん観るぞーうおー!