日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

腹が減っては戦はできぬ

途中でお腹がすきすぎてしまいました。ガス欠です。

10/29のRUN

  • 本日の走行距離: 8.49 km
  • 本日の平均ペース: 6"41 /km
  • 今週の走行距離: 29 km
  • 今月の走行距離: 99 km

毎日追い込んでいると疲れてイヤになってしまうので、今日はのんびりゆったり走ろう!と軽やかにスタート。

ファンジョグ楽しいなあアハハハ、なんて思っていたのも束の間、何だかカラダが重くて全然動けないや。

まあゆっくり走ってればそのうち調子も出てくるだろうと、チンタラ進んでいたのですが、4kmを過ぎたあたりで急激にお腹がすいてきてしまいました。チカラがでねえ!

ついでに喉も渇いていたので、公園で給水。立ち止まって水飲んだら気力もすっかり萎えてしまいました。うん、帰ろう。

当初の予定では12kmくらい走ろうと考えてたんですが、大幅に短縮して8.5km。だってお腹が空いちゃったんだもん。

お昼もそこそこ食べたんだけどなあ。空腹でガス欠するのは久しぶりです。

そいや、後から考えると、ちょっと寒かったのも影響してるよーな気もします。だいたいいつも、この秋とも冬とも言えないよーな、地味に寒い時期に似たような失敗をやらかしてるよーな気がします。そろそろ長袖着て走るか。

後半は脚が暖まってきて軽くなったのか、けっこう軽快に走れました。疲れと一緒に空腹も忘れます。うん、予定通り走れたなこれ笑。つか今度から今日みたいな緊急事態用に飴ちゃん持っていこー今思いついた。

ところで今日は、こんなこともありました。

川沿いをフンフン走っていたら、小学校高学年とみられる男のコたち5, 6人が、道でサッカーボールを蹴りながらじゃれ合っていました。

群れる男たちってヤダヤダ、とか思いながら横をすり抜けようとした瞬間、ボールをもっていた少年がパスを出しながら、いきなりボクの名前を大声で叫んだので、思わず二度見してしまいました。

あ、仲間に同じ名前のやつがいたのね (世代問わずまあまあよくある名前です) 。ぼくに呼びかけたわけじゃないのね。知り合いなのかとビックリしたよおじさん (そんな歳の知り合いはいない) 。

そんな出来事から1kmちょっと進んだあたりで、今度は自転車のチャイルドシート的な椅子 (あれ正式名称何なんだろ) にヘルメット被って座った少年 (2, 3歳児と思われる) と遭遇しました。

自転車は彼らの家と思われる場所の前に静止していて、少年の横にはおかあさんらしき女性が立っていました。

ぼくは走りながら何となーく、見るともなく少年のほうを眺めながら横を通り過ぎようと近づいていったら、数メートル手前で気づいた少年が、満面の笑みに変わってぼくを指差してこう言いました。「あー走ってる!」

お、おう笑!

何とゆーか、わが街は今日も平和です笑。