日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

ゴーヤとトマトの観察日記【16週目】/ トマト終了宣言

夏休みシーズンが過ぎ去って、終盤戦の様相を呈してきました。

 

家庭菜園で育てているゴーヤ (緑のカーテン) とトマトの観察日記、16週目の様子をお届けします。

ちなみにこれまでの経過はこちらをご覧ください。

"観察日記" - 記事一覧 - 日刊コタノト。

トマト

1週間くらいほったらかしにしていたら、赤い実がたくさんできていました。一気に回収してしまいましょう。最終戦争勃発です。言いたいだけですハイ笑。

この鉢は新しく出来そうなやつが他に見当たらないので、この3つで終了です。つか真夏のころと比べるとだいぶ小さいなあ。

別の鉢の「麗夏」 (品種の名前) 。これはまだしばらくかかりそう。

「アイコ」もたくさん出来ていました。まだちょっと色の薄い右上のやつだけ残して、全部回収です。

放置しすぎたのか、ほとんどの実に筋みたいなのが入っちゃってますね。食べられるんだろうか……。炒めたりすればだいじょぶかな。

つーわけでまだ数個残ってますが、今年のトマトは終了宣言です!ありがとー麗夏とアイコ!

ゴーヤ

ゴーヤも大量に収穫です。上のほうに出来てるのを、高枝バサミでがむばって獲りました。つか今回は落下させずに巧く獲れたぜ。

はさみをシャキシャキやらずに、一撃必殺で切って、そのままホールドすると、うまく掴めます。コツを完全にマスター、気分はベテラン庭師です。

つか巧く使えるようになる頃にはシーズン終了なんだよなあ。惜しい……。

獲れすぎちゃってウチでは全て消費できない、つかそろそろ飽きてきたので、半分ばかし知人に配ることにしました。気分はゴーヤおじさんです。何それ笑。

ゴーヤはまだまだ成長中のやつがチラホラ。うーむ、秋分の日あたりまで続きそうだなあ……。