日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

ゴーヤとトマトの観察日記【13週目】/ 腐ったトマト

腐ってしまったトマトを回収しました。うーん悲しい。

 

家庭菜園で育てているゴーヤ (緑のカーテン) とトマトの観察日記をお届けします。

ちなみにこれまでの経過はこちらをご覧ください。

"観察日記" - 記事一覧 - 日刊コタノト。

今週はたくさん出来た実の収穫に励みました。実が出来てくると楽しい!

ゴーヤもトマトも大量収穫です。わーい。

ゴーヤは2つ。安定供給期に入ったみたいです笑。

ちっこいトマトの「アイコ」は今が最盛期かな。赤くなっているのがたくさんあったので、一気に8個も獲れました。こいつは炒めて食べても美味しいので、ゴーヤと一緒にチャンプルーにしていただきました。

一方、大きいほうの「麗夏」は2つ、と思いきや……。

残念ながら裏っ側が腐っていました。うう、かわいそうに。

こいつらは青いときからこんな感じだったんですよね。ネットでちょっと調べてみたところ、「尻腐病」(読みは、しりくされびょう?) とか「しり腐れ (しりぐされ) 」とゆうらしいです。何だかおケツのあたりがもぞもぞとむず痒くなってくる名前ですね。

原因は土壌のカルシウム不足らしいです。生理障害なので、他の実にうつったりとかはしないみたいです。

けど土の問題だとすると、これから出来るのはみんなこーなっちゃうのかなあ。何か対策もいろいろあって、水はけよくしたりカルシウム肥料を撒いたり、あとは葉を摘んだりして水が行き渡る経路を整えたりすると改善することもある、らしいです。

このあたりのページに詳しく書いてました。参考になるなあ。

まだ青いトマトの一部が黒く腐ったようになったのですが - 農学 - 教えて!goo

これだけでトマトの尻腐れは激減するはずです。 解決!トマトの尻腐れ/ウェブリブログ

うーん、それにしてもトマトはやっぱり難しいコです。ゴーヤは水じゃばじゃばあげておけばアホみたいに伸びていきますけど (ただし網なんかの設置はけっこうたいへん) 、トマトは水あげすぎても少なすぎてもダメですからね。めんどくせーやつだなホント笑。

とりあえず水やり気をつけるのと、あとは葉っぱの処理くらいですかねすぐできそうなのは。まだいくつか実があるので、そいつらはムダにしないようにがむばります。