日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

プチインターバル走 クールダウンの大切さを実感

1マイルを早いペースで走る、てのを3本ほどやってきました。クールダウンをかねて最後はゆっくり走ったら、疲労が抜けてイイ感じです。

7/30のRUN

  • 本日の走行距離: 8.25 km
  • 本日の平均ペース: 6"04 /km
  • 今週の走行距離: 30 km
  • 今月の走行距離: 125 km

本日は3 × 1マイルのプチインターバル走にチャレンジしてみました。

最初の1マイルはウォームアップを兼ねてゆっくり入って、そこから1マイル毎に、そこそこペースを上げて走る、てのを3回繰り返します。

途中の休憩は2分くらい。ちょうど公園があったので、お水を飲んだりペースダウンして走ったりして休みます。

んで最後の1マイルはクールダウンがてらに流して終了。合計で5マイル、8kmちょっとのランニングでした。走ったー!

ほとんどはじめての試みだったので、距離やペースの感覚がイマイチ掴めませんでしたが、まずまずうまくできたかなと思っています。

相変わらず暑いですし、ペースを上げるといってもキロ5分台後半がいいところです。そんでも瞬間的には5分0秒台まで上がっちゃってるところもあったりして、ちょっと飛ばしすぎたかなあとゆう印象です。

最後の1マイルをチンタラ走ったら、疲労がうまいこと抜けて快調です。やっぱクールダウンて大事なんだなあ。これからも意識して取り入れてこーと思います。

明日は走らない予定なので、7月のランニングは本日で終了です。125kmかあ。もうちょっと走りたかったなあ。