日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

テントウムシダマシ (天道虫騙し) その天道虫は害虫だ!

天道虫には「害虫」もいるんですね。要注意です。

家庭菜園で育てているトマトの世話をしていたら、天道虫を発見しました。

愛らしい、とか思って喜んでたんですが、調べてみたところどーやらコイツは害虫みたいです。天道虫にも良いもんと悪いもんがいるんですね。知りませんでした。

せっかくなんで、新しく知ったことを簡単にまとめておきます。

益虫と害虫

そもそも天道虫って、アブラムシなんかを食べてくれる「益虫」として知られているようです。ぼくはそれすら知らなくて、ただの愛らしい生き物だと思っていました。お恥ずかしい。

この「益虫」に対して、葉っぱや実を食べちまうやつが「害虫」、てことになるわけです。

ざっくり言って、ムシを食べる肉食系が「益虫」、野菜を食べる草食系が「害虫」てことです。草食系男子のイメージがあるので、草食なんて聞くと何となく大人しい気がしてしまいますが、言葉のイメージに騙されないように笑!

つか草食系男子だって、その本性は意外と害があるかもしれません。タチ悪いですね恐ろしや。女子のみなさんもご用心を。

テントウムシダマシ (天道虫騙し)

んでその草食系の天道虫は、「テントウムシダマシ (天道虫騙し) 」と言われています。なんと!天道虫ですらないのか!

本名は「ニジュウヤホシテントウ (二十八星天道) 」「オオニジュウヤホシテントウ (大二十八星天道) 」と言って、翅〈はね〉の星 (水玉?斑点?) が28個あるのが名前の由来です。星、多っ!

てか普通の天道虫は星いくつなんだ?「ナナホシテントウ (七星天道) 」なんて言うくらいだから7つくらいか。思ったより少ないんだなあ。

(てかそうか、『マリアビートル』の七尾は、だから「天道虫」なのか!何か繋がった気がします今さら)

ネットで天道虫の画像を検索して数えてみると、たしかに7つくらい。つかひとつがデカいんだな意外と。

テントウムシ - Wikipedia

見分けかた

天道虫の良いもん (益虫) と悪もん (害虫) の見分けかたですが、ひとつはその星の数。たくさんあるほうが「害虫」ですね。

もうひとつは翅のツヤ。ツルツルしてて輝いてて、いかにもキレイそうなのが「益虫」、ザラッとしててくすんでて、何とも邪悪な感じのするほうが「害虫」です。わかりやすい。

ではウチの庭にいた天道虫はどっちかな、てのを見てみると (この記事トップの画像) 、明らかに害虫じゃねーか!つか星、多っ!

今思えば確かに見つけたときにも、何かくすんでるしだいじょぶかなコイツ不健康か?なんて思ったんですよねー。あんまり愛らしさを感じませんでした。見た目大事だなあ。

つーわけでさっそく指で弾き飛ばしておきました。さらば害虫。

てかこの前見つけたときからほとんど動いてなかったっぽいんですけど、ムシってそんなに動かないものなの?すでにコト切れてたのかなあ……。

それにしても「天道虫騙し」ってスゴイ名前ですね。虫にも詐欺師がいるんだなあ。擬態、ギタイ。みなさんも気をつけましょう。ストップ詐欺被害!

参考にさせていただきました!

以下のサイトを参考にさせていただきましたありがとうございました。

「益虫」「害虫」のテントウムシの見分け方 - Yahoo!知恵袋

特徴 - テントウムシダマシ〔天道虫騙し〕- 生き物 - 小さな園芸館

勉強になるなあ。けど虫の画像って、しばらく見てるとぞわぞわムズムズしてきますね笑。

マリアビートル (角川文庫)

マリアビートル (角川文庫)