日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

台風一過灼熱ラン

台風一過。クソ暑いです。

7/11のRUN

巨大台風が去って晴れ渡る青空のもと、6kmほど走ってきました。つか、晴れ渡りすぎ、暑すぎです。

当初は10kmくらい走ろーかなとか思ってスタートしたんですが、暑すぎてあえなく方針変更。

真ん中の3km地点で一度給水したんですが、そんでも最後のほうはちょっとだけ生命の危険を感じるくらい、カラッカラになってしまいました。危なかったー。

「こんな暑い日に走りにいくなんてどーかしてる」て家族になじられましたが、全くおっしゃる通りで返す言葉もありません。

けど何だか過酷な日ほど走り出したい気分になるんですよねー。自殺願望なのかドMなのか。

6.33km走って、平均ペースは6"19/km。もっとゆっくり走りたかったなあ。

じわじわペースが上がってるのは走りながら気づいてて、「これ速すぎるなマズいぞ」と思ってはいたんですが、「暑すぎるからさっさとゴールしたい」て気持ちもあって、ついついペースアップしてしまいました。

案の定、最後のほうはヘロヘロに。暑さのせいでまともな思考ができなくなってたんだな今思えば。

暑すぎて生命の危険を感じたのは久しぶりです。ちょっと大げさですけど、熱中症になっちゃうひとってみんななりたくてなってるわけじゃないでしょうし、ちょっとの油断が命取りになるんじゃないかと思います。怖い怖い。

猛暑の中での激しい運動、ホント危険。て好んで出てってるからまるで説得力ねーな笑。

梅雨もそろそろ明けそうですし、いいかげん早朝くらいしかまともに走れなくなるなあ。来週は朝ランの習慣を確立すべく、がむばろー。