日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

2014年6月に観た映画まとめ

映画の試写会にたくさん行きました。

6月は映画を10本観ました。

6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:9本
観た鑑賞時間:817分

300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ [DVD]300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ [DVD]
鑑賞日:06月05日 監督:ノーム・ムーロ
グランド・ブダペスト・ホテル [Blu-ray]グランド・ブダペスト・ホテル [Blu-ray]
鑑賞日:06月09日 監督:ウェス・アンダーソン
ジャッカル デラックス版 [DVD]ジャッカル デラックス版 [DVD]
鑑賞日:06月11日 監督:マイケル・ケイトン・ジョーンズ
鳥 [DVD]鳥 [DVD]
鑑賞日:06月13日 監督:アルフレッド・ヒッチコック
ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]
鑑賞日:06月14日 監督:ロバート・ルケティック
ラストミッションラストミッション
鑑賞日:06月16日 監督:マックG
トランセンデンストランセンデンス
鑑賞日:06月17日 監督:ウォーリー・フィスター
her/世界でひとつの彼女(スパイク・ジョーンズ監督) [DVD]her/世界でひとつの彼女 [DVD]
鑑賞日:06月19日 監督:スパイク・ジョーンズ
オール・ユー・ニード・イズ・キルオール・ユー・ニード・イズ・キル
鑑賞日:06月23日 監督:ダグ・リーマン

鑑賞メーター

以上9本プラス、『ジゴロ・イン・ニューヨーク』(公開前なので、まだ鑑賞メーターで登録できないのです) の計10本。

試写会は当たりやすい、てはなしを聞いたことがあったので、試しにたくさん応募してみたところ、いやー当たる当たる。ザクザク当たります。

日程が重なって観にいけなかった作品や、おんなじ作品ダブったりなんてことも何度かあって、大げさでなく当たりすぎて困る、てくらい当たりまくりました。

んで結局6作品、試写会で鑑賞させていただきました。最新作を公開前に観る幸せ。

唯一自分でお金を払って観にいった『グランド・ブダペスト・ホテル』も合わせると、10本中7本を映画館で鑑賞って結果になりました。これって月間の自己記録じゃなかろうか。

おうちで観た旧作も含めて、邦画はゼロ。でも全然恋しくならないなあ。洋画は観れば観るほどハマります。

再鑑賞は『ジャッカル』と『鳥』の2本。てかTVで放送した映画もたくさん録画してんですが、試写会ばっかり行ってて全然観る間がなかったです。

そろそろハードディスクの残量がヤバい……。もりもり消化しねーと。

最も面白かった「今月の一本」は、『her/世界でひとつの彼女』か『グランド・ブダペスト・ホテル』だなあ。てかこの2本は今年上半期のベストにも上げたいくらいの素晴らしい作品でした。

より好きなほう、てことで「今月の一本」は『her』にします。

試写会楽しいんですが、毎週2本くらいのペースで観てきたので若干新作疲れみたいになっています。

来月はちょっとペースを落として、旧作をたくさん観よーかなあ。