日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

小松菜と油揚げのゴマ油炒め

佐々木俊尚さんの『家めしこそ、最高のごちそうである。』で紹介されていた、「小松菜の15秒炒め」。これなら料理初心者のぼくでも作れそうだなあ。

おウチの冷蔵庫に小松菜があったので、ささっと作ってみることにしました。

IMG_6726

材料 (少食3人家族分) は以下の通り。

  • 小松菜 1袋 (6束)
  • 油揚げ 1枚
  • サラダ油 適量
  • ゴマ油 適量
  • だし醤油 適量

調味料の「適量」は、実際に作りながら後述します。

IMG_6727

まずボールに水道水を張って、小松菜を生けておきます。15分くらい。上述の本には、葉がパッと開いてシャキッとするなんて書いてましたが、ホントだろうか……。

IMG_6730

15分後はこんな感じ。うーん、多少緑が濃くなったような、気がしないでもないです。そしたら冷水でササッと洗います。つか生ける前に洗っといたほうがよかったな何となく。

IMG_6728

小松菜を生けている間に、油揚げの油抜き。沸かした湯に30秒ほどくぐらせます。半分にしたのは、鍋のサイズとの兼ね合いです。

IMG_6729

キッチンペーパーで軽く拭いた後、素焼きにします。軽く焦げ目が付く程度。1分くらいかなあ。

焼けたらさらに半分に切って、適当な大きさに切ります。1〜2cm幅くらい。

洗った小松菜も、根元の部分だけ切り捨てて、あとはザクザク切っていきます。だいたい10cmくらいの間隔。切ったら茎と葉っぱを分けておきます。

フライパンにサラダ油を2回しくらい垂らし、しばらく熱します。

強火〜中火にして、まずは小松菜の茎を投入。30秒ほど炒めます。(炒めるのに必死で写真なし……。)

しなっとしてきたら、油揚げを投入。さらに30秒ほど炒め、その後小松菜の葉を入れ、再び30秒ほど炒めます。

最後にゴマ油を1回し、だし醤油を2回しほど垂らして完成です。

IMG_6732

簡単なのに、これだけでもおつまみとして十分な感じの一品。

サラダ油を少なめにして、ゴマ油多めのほうが風味が良かったかなとゆう気がします。

あと上述の本では「15秒炒め」とありましたが、実際には2分ほど炒めました。茎部分をもうちょっと長めに炒めて、しなっとさせてから、葉の部分をサッと炒めると、シャキシャキ感が残ってより美味しいのかもなあと思いました。

シンプルながら奥が深いのう。またときどき作ってみよっと。

簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。

簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。