日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

世界最強馬登場 / 第64回安田記念予想

ここ数年は、3歳のリアルインパクトやスプリンターのロードカナロアに勝たれたりと、今ひとつパッとしなかったマイル路線。けどここにきてググッといいメンバーが揃いました。今年は面白いレースになりそうで、とても楽しみです。

ひと月以上続いた東京GI連続開催も安田記念がラスト。梅雨入りして連日の大雨。先週までとは打って変わって、馬場状態も悪くなりそうです。

天気の悪い安田記念といえば、思い出されるのはタイキシャトル。あのレースは海外遠征へ向けての壮行レースでしたが、今年は逆に、ドバイで圧勝したジャスタウェイの凱旋ムード一色です。

目下ワールドランク1位。どの馬が勝つかとゆうよりは、ジャスタウェイがどんな走りで勝ってくれるのか、が見どころかと思っています。

やはり馬場の悪かった中山記念や、(日本よりは重い芝の) ドバイでも圧勝してきているように、この雨も関係ないでしょう。堂々の本命。

となると問題は相手探しですが、同世代の5歳馬を中心に狙ってみようと思います。

前哨戦の内容が良かった復活組のグランデッツァワールドエース。さらには上昇著しいフィエロ。

あとはトーセンラーも入れておきましょう。この馬は6歳ですが、いつも応援しているユタカさん騎乗とゆうことで期待しています。

ほかにも5歳ではクラレントやカレンブラックヒルあたりも気になりますが、あんまり沢山選んでもアレなんで我慢します。

ミッキーアイルは、この強力メンバーを相手に逃げ切るのは難しいとみて切ります。

馬券はジャスタウェイからの馬単

馬単 10 → 1, 13, 16, 17