日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

3歳マイル戦はディープ産駒から 第19回NHKマイルC予想

抜けてる一頭が逃げ馬、てのはなかなか厄介だなあ。

ミッキーアイルが断然の人気。マイルを4連勝中で、前走は圧勝だったように死角はないように思える。

が、やっぱり逃げ馬とゆうのはどうしても引っかかる。府中のマイルを逃げ切るってのはなかなか難儀だからなあ。今さら抑える競馬はできないだろうし、する気もないだろう。

これまでに対戦してきた相手のレベルにも疑問が残るし、中心であることは間違いないが、ここは捕まって沈んだときのことも考えておきたい。

で、ミッキーアイルの他では、となると途端に混戦に見えてくる。ショウナンの2頭や、ロサギガンティアなどなど有力どころ目白押しで悩ましい。

けどここは (ミッキーアイルを含めた) ディープインパクト産駒の3頭でいいんじゃないだろうか。「府中」「3歳」「マイル」といえばディープ産駒。と思ったのだが、意外にもこのGIはまだ獲ってないのか。何でだろ。

ちょっと調べてみたら、そもそも出走自体が少ない。やっぱり三冠目指したいよねディープの仔なら。

初年度のコティリオンリアルインパクトが2着3着。2年目はマウントシャスタが失格。去年は出走がなかった。

つか出てきたらほぼ確実に上位にきてんじゃん。

3頭出てくる今年はこれまでで最多だし、この3頭で決まるなんてこともあるかもしれない。

サトノルパンはスタートに難があるが、ユタカさんはスタート巧いからなあ。すんなり出れば好勝負どころか逆転もあるのではないか。

アトムは唯一ミッキーアイルに勝ったことがある馬。取消があったりして、順調なステップとは言い難いが、実力は十分だろう。

それと、今年は牝馬が強いので、ホウライアキコにも要注意。うまいこと抑える競馬ができた前走桜花賞では、差のない4着。

上位2頭が怪物であることを考えると、ここではあっさり、なんてこともあるかもしれない。

馬券は4頭の馬連ボックス。ミッキーアイルが勝つと、当たっても損の可能性もあるが、まあそのあたりは保険てことで。

馬連ボックス 7, 8, 9, 10