日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

2014年4月に観た映画を振り返る

4月に観た映画は以下の11本。

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:1324分

トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]
鑑賞日:04月02日 監督:オリヴィエ・メガトン
いまを生きる [DVD]いまを生きる [DVD]
鑑賞日:04月03日 監督:ピーター・ウィアー
燃えよドラゴン 特別版 [DVD]燃えよドラゴン 特別版 [DVD]
鑑賞日:04月10日 監督:ロバート・クローズ
ニュースの天才 [DVD]ニュースの天才 [DVD]
鑑賞日:04月12日 監督:ビリー・レイ
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル [DVD]チャーリーズ・エンジェル フルスロットル [DVD]
鑑賞日:04月13日 監督:マックG
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]
鑑賞日:04月14日 監督:ゴア・ヴァービンスキー
飢餓海峡 [DVD]飢餓海峡 [DVD]
鑑賞日:04月17日 監督:内田吐夢
ワイルド・スピードX2 [DVD]ワイルド・スピードX2 [DVD]
鑑賞日:04月18日 監督:ジョン・シングルトン
おもひでぽろぽろ [DVD]おもひでぽろぽろ [DVD]
鑑賞日:04月20日 監督:高畑勲
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]
鑑賞日:04月21日 監督:リチャード・リンクレイター
アメイジング・スパイダーマン [Blu-ray]アメイジング・スパイダーマン [Blu-ray]
鑑賞日:04月27日 監督:マーク・ウェブ

ひと月にだいたい10本強、てのが最近の平均になっている。ホントは15本くらい観たいのだが、2日に1本てなるとなかなか難しい。

洋画 or 邦画

洋画が9本。洋画のほうが好みだとはいえ、ちょっと多いかなとゆう印象。

ぼくの鑑賞スタイルはもっぱらTV放映が中心だが、TVでやる邦画って、最近はドラマの延長みたいなのばっかりだからなあ。そーゆう、いかにもつまんなそうな邦画は避ける傾向にある、のかもしれない。

20世紀 or 21世紀 / 未見 or 再鑑賞

20世紀の映画が5本。最近の作品がどうしても多くなってしまう中、半々ならまずまず。

意外と観てなかった過去の名作 (『いまを生きる』『燃えよドラゴン』) を鑑賞できたのもよかった。

そいえば再鑑賞も3本だけ (『トランスポーター3』『パイレーツオブカリビアン』『おもひでぽろぽろ』) で、意外と少なかったなあ。

最近はついつい面白いってわかってる好きな作品ばっかり観てしまっていて、ちょっと守りに入ってるようなところがあった。

やっぱりまだ観ぬ作品を攻めていかないとなあ。これくらいの割合を5月も続けていきたい。

シリーズものばっかり

何だかざっと見返してみたら、シリーズものばっかり観てたなあ、てことに気づいた。

必ずしも好きなシリーズ、てわけでもないのだが、初見でもシリーズだとある程度気楽に観れるところがある。

続編が製作されるってことは、やっぱそれなりにヒットしたってことだし、何とゆうか安心感みたいなものはあるような気がする。

そのあたり再鑑賞が少なかったこととも関係あるのかもなあ、なんてことを思った。

今月の1本

今月観た中で一番面白かった作品は、『飢餓海峡』と『恋人までの距離〈ディスタンス〉』。「1本」と言いながら毎月2本になってしまうのだが、まあ邦画枠洋画枠それぞれ1本ずつってことで笑。

どちらも製作されてからそれなりに時間が経ってる映画だけど、いま観ても全然古びていない。

恋人までの距離』は続編も観たいし、『飢餓海峡』は原作を読んだり、あるいは内田吐夢監督の他の作品を観てみたい。

5月の目標

4月は一度も映画館へ行かなかった。なかなかコレって映画がない、てのもあるけど、それでも最低月イチは行きたいところ。

映画館て、行きだすと止まらなくなるけど、行かなくなるとどんどん遠ざかっちゃう。

てことで5月は4月分も併せて2回映画館へ行く、てのを目標にしよう。