日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

国会見学会に行ってきた

「ながつま昭議員と国会へ行こう!!」に参加してきました。

IMG_6181

民主党長妻昭衆議院議員が主催する国会見学会に参加してきました。中野区・渋谷区 (長妻議員の選挙区ですね) 在住のひとを対象に、ほぼ毎月開催されているとゆうこの企画。参加費¥1,200 (ほぼ弁当代) てのはなかなか安いですねー。

国会議事堂は小学校の社会科見学で行ったと思うのですが、どんなだったか全然憶えていません。大人の社会科見学、楽しみだなあ。

IMG_6194

当日は現地集合。衆院第二議員会館へ向かいます。有楽町線国会議事堂前駅って初めて来たんじゃないかなあ。この日はオバマ大統領が国賓として来日中。いたるところアメリカ国旗がはためいていました。

エントランスに立っていた秘書さんたちに案内されて、地下の会議室へ。その前には荷物チェックやら金属探知機やら。さすが国家の中枢だけあって、セキュリティ厳しいです。

会議室にはすでに30人以上、参加者の方々が集まっていました。ほとんどが年配の方々。男のひとのが多かったかな。声は女性のがデカかった (主婦軍団は地上最強です笑) ですけど。あとは赤ちゃんをつれたママさんも一組いましたね。ぼくはその赤ちゃんに次ぐ2番目に若いひと、て感じだったなあ。

まあ平日の昼間ですから仕方ないですけど、ただでさえ若いひとの意見が反映されにくい政治と言われているのに、こーゆう国政に触れる絶好の機会にも若い参加者が少ない、てのは何だか寂しいなあ。

IMG_6182

国会へ入るための通行証。首からぶら下げます。

集合場所の会議室ではまず、長妻議員の挨拶や、秘書さんから本日の説明を受けました。国会議員さんは緊急の用件など何かと多忙なので、スケジュール次第では長妻議員は来られないかも、と事前に言われていましたが、来ていただけてよかったです。

とゆうか、仕事の合間を縫って現れたり離れたりと、神出鬼没なのがちょっと面白かったです。どっかに抜け道的な隠し通路でもあるんじゃないかと疑うレベル。すごい仕事だなあ。

説明が終わったら、まずは国会議事堂内を見学。議員会館から議事堂までは地下通路で繋がっているので、地下を通ってそのまま議事堂内へ。気づいたらもう中へ入っていました。便利なんだけど、うーん、どこ歩いてるんだかわからなくなっちゃいますね。迷う。

議事堂内は基本写真NG。撮ってもいい場所もありましたが、ネット上に載せてはいけないみたいです。うーむ残念。

最初の見学場所は、予算委員会を行う会議室。テレビなんかで一番よく見る部屋ですね。

議員さんたちが座っている椅子は、いかにも高そうですけど座り心地は大したことありませんでした。

個人的な撮影はOKとのことだったので、総理の席やら議長席に座って写真を撮りまくる大人たち。子供がやると他愛ないですけど、大人がやると何だか卑しいなあ、なんて思ったり。

ぼくはテレビでは見えない記者席や壁の細かいところ、机の下なんかを見てひとりニヤニヤしていました。完全に怪しいヤツですね。議長席に足下にあった謎の竹籠は何だったんだろう。ゴミ箱?

次は本会議場。扇形のザ・国会な部屋です。天井がステンドグラスになっていて、天然の光を取り込めるようになっています。照明が落とされてて何だか薄暗かったんですが、電気つけたらちゃんと明るいのかなあ。曇りの日とか暗そうだなあなんて思いました。

あとは衆院議長室へいったり、正面通路にある銅像 (伊藤博文大隈重信板垣退助) を見たり。四隅にあるのに3体しかないのは、最後の一ヶ所に銅像を建てられるような議員になるよう精進せい、とゆう意味を込めて意図的に開けてあるとか、諸説あるそうです。

けどその上にある絵画は名もない美大生が描いたらしいとか、テキトーなところはテキトーです。昔のひとはけっこうテキトーだからなあ。銅像の理由も、ホントは案外もっとテキトーなのかもしれません。いろいろと想像を巡らせると楽しいですね。

へえーと思ったのは、天皇陛下の休息室。皇族用のお部屋の隣に、陛下専用のお部屋がある、てのははじめて知りました。

皇后陛下とか、代理で来た皇太子殿下とかも入っちゃダメで、ホントに陛下しか入れないらしいです。ガラス越しに見学できるようになってるんですが、広い部屋の真ん中に机と椅子がぽつねんと置かれていました。

あんなところでひとり入れられても、やることなくてヒマそうだよなあ。まあ、陛下は普段からそーゆう暮らしをされてるんだろうから、慣れてんのかもしれませんが。

ちなみに掃除係のひとは入れるらしいです。どーやったらなれるんだろうその係。

陛下の通り道周辺は、照明の傘も逆向き (上向き) についています。お付きのひとがうっかり影を踏んでしまわないように、とゆう配慮らしいです。そーゆう芸は細かいんだよなあ昔のひと。こだわるとこは徹底的に、どーでもいいところはかなり手抜きで。素晴らしいです。

IMG_6190

午前最後は外へ出て、正面玄関のところで議事堂をバックにみんなで記念撮影。いいお天気!

IMG_6189

玄関にはなぜかフランスの国旗。お客さんがくることになってたみたいです。

IMG_6191

衆院会館 (今度は第一) に戻って、食堂で待望のお昼ごはん。国会弁当です。まあ、普通の幕の内弁当ですね。

IMG_6193

お昼休み、ちょっと時間があったのでお土産コーナーを散策。安倍首相方面のお菓子。他には麻生さんとか進次郎さんのも売られていました。

IMG_6192

午後は憲法審査会とゆう会議を見学しました。こちらが傍聴券。つか議員さんの紹介がないと傍聴できないんですね。

ここのセキュリティはかなり厳重だったなあ。荷物はロッカーに預けないといけないし、携帯電話も持ち込み不可。

なのに会議に参加してる議員さんの中には、ちょースマホいじってるひともチラホラいて、何だかなあと思ってしまいました。

円形に2, 30人分くらい議員さんの席があって、いわゆる上座に議長が座り、その対面に質問に答える委員のひとたちが7人くらい、それ以外が順番通りに質問する、とゆうシステムを理解するまでしばらくかかりました。

誰がしゃべってんのかも最初はよくわからず、探すのに一苦労。つか質問者以外のひとたちが自由すぎ。スマホいじってるか寝てるかとなりのひととくっちゃべってるか。

質問てのも基本的に文書を読んでるだけなので、極めて文語的で何を言ってるのか非常にわかりにくいです。

つか紙があるんならさ、傍聴する我々にも配ってよ。読みながらじゃないと議論追えないです。

重要なことなので間違わないように読む、てのは理解できるんですが、ただ読み合ってるようにしか見えませんでした。文章であらかじめやり取りしてるんなら、それを受けての議論をしたらいいんじゃないかなあ。

憲法とゆう、とても重要そうなことが、こーゆう (緊張感があるとはいえないような) 空気で議論されてる、てのは何だか悲しいとゆうか、ちょっと恐ろしいですね。

あれかな、どうせ議論したところで、結果は決まってんだろう的な?だとしたら余計に虚しいですね。

けど、かくゆうぼくも、憲法に関してマジメに考えたことってほとんどないです。大学1年のころ、「日本国憲法」とゆう授業は受けましたけど、まるで憶えてない笑。

どんな条文があるのかすら、まともによく知らないからなあ。この機会に、その授業で使ってた教科書でも引っ張りだしてきて、ちょっと勉強してみようかなあ、なんてことを傍聴しながら考えていました。

憲法について、ちょっとだけでもそんなふうに意識が向いた、てだけでも見に行ってよかったんじゃないか、て気がします。

この会議、長妻議員が比較的早い段階 (午後2番目だったかな?) で質問者になっていたので、それが終わるまで見学し、1時間くらい経ったところで退出しました (14時ごろ。会議自体は16時ごろまでやってたっぽいです) 。その後は自由解散だったので、本日の全行程はここで終了でした。

いやー有意義だったなあ。大人になってから来たほうが断然楽しいですね。この日も修学旅行で来てたっぽい中学生軍団2組くらいとすれ違いましたけど、何も面白くないだろうなあ笑。

大人の社会科見学、ハマりそうです。関係者のみなさまありがとうございました!

憲法 第五版

憲法 第五版