日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

内外の差 第74回皐月賞

終わってみればほぼ人気通りの決着でした。

皐月賞は2番人気のイスラボニータが快勝。2着も1番人気のトゥザワールドと、人気サイドの決着でした。混戦なんて言われているときほど、結果はえてしてこんなものです。

この2頭を切ったこちらは大惨敗。そんな恥ずかしい予想は以下の通りです。

第74回皐月賞予想 (日刊コタノト。)

勝ったイスラボニータはポジション取りが絶妙でした。内に包まれるのを心配してたみたいですが、うまいこと外へ出せましたし、有力馬たちはみんな前にいってくれたので、その様子を見ながらレースを進められたのもプラスでした。

トゥザワールドは外枠だった分、スタートからある程度前にいかざるを得ないようなところがありました。ホントはもう少し後方で競馬したかったんじゃないかな。やっぱり外枠は難しいですね。

トゥザ以外にも3着に着たウインフルブルームやアジアエクスプレスといった外枠の有力馬たちは軒並み先行しました。スタートから1コーナーまでで脚を使わざるをえなかった分が、最後直線の叩き合いで響いたのかな、なんて思わないでもないです。

それほど力の差はないんじゃないかな。ダービーまでまだまだ混戦が続きそうです。

ワンアンドオンリーが最後猛然と追い込んできたのが眼を引きました。1枠だったので、勝ったボニータのような競馬をしてほしかったところですが、この馬は逆に全く行き脚がつかなかったですね。ひと叩きして変わるかと思いましたけど、あいかわらずズブいです。

あるいは次走を見据えてここは捨てたのかな。3コーナー手前あたりから、ずっと大外を回っての超ロングスパート、それでも脚を余してのゴールでしたからね。ダービーは一番面白そうな存在。下手したら一番人気かもだなあ。

アジアエクスプレスは積極的な競馬でしたが、最後はバテてしまった格好。ちょっと距離が長いのかな。

この馬も後ろで脚を溜めたほうがよさそうですね。次走はNHKマイルCですかね。逃げるミッキーアイルとこの馬の追い込みと、どちらが勝つのか楽しみです。

トゥザワールドはここがGIを勝つ最大のチャンスだったように思うんですが、取りこぼしてしまった感じですね。勝負弱い血統がモロに出ちゃったかな。

ダービーはどう乗るんでしょう。前に行くとまた差されそうですし、かといって後ろからだとちょっと物足りないですし。器用すぎて逆に難しそうですね。

イスラボニータは東京で4勝と得意中の得意ですが、距離がどうかなとちょっと思っています。フジキセキ産駒ですからね、府中2400はちょっと長いんじゃないかなあ。繰り返しになりますが、そこまで強い勝ち方でもなかったので、まだまだわからないです。

負けすぎだなと思ったのはトーセンスターダム。初めてのフルゲートでしたし、スタートよかったんで馬込みに入れてどうか、てのを試してみたんでしょうけど、3コーナーあたりですでに手応えがなかったですね。

まあ皐月賞で試すあたりやっぱり大目標は次走なんだなあと思います。今回はうまいこといって勝ってくれたら儲けもの、くらいの感覚だったように思います。

まあ力負けってわけでもないですし、この中間で課題をどうやって克服してくれるか、てところですが、ちょっと負けすぎなので次も狙うかどうかは迷うところです。

ロサギガンティアはやはり前走がデムーロマジックだったってことなんですかね。あまりに見せ場がなさすぎで、どこを走ってるのかすらイマイチよくわかりませんでした。

ダービーは誰が乗るんですかねー、デムーロに戻る可能性はあるのかな?もしそうならまた変身する可能性がなきにしもあらず、ですが、やっぱり適正的に東京のが向くって感じもしないですしねー、厳しそうです。

とゆう感じで、予想で上げた馬と上位馬を中心にざっと振り返ってみました。

GIは一週おやすみを挿んだ後、次は天皇賞ですか。ここはキズナの相手探しかな。2週間じっくり考えます。