日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

第74回皐月賞予想

クラシックも開幕したことですし、GIくらいは予想を書いておこうかなと思います。

春のGIシリーズも始まったことですし、以前にも (別のブログでですが) やっていた、競馬のGI予想をやってみようと思います。先週はハープスターがあまりにも人気すぎて、予想する気にならなかったのですが (それでもハープは負けるんじゃないかと思っていた、なんてことはあまり大きな声では言えません笑) 、今週の皐月賞は稀にみる大混戦ですし、いろいろと妄想しがいのあるメンバー構成で楽しみです。

混線すぎるからみんな★

本来ならば本命はこの馬、対抗はあの馬、とやっていきたいところですが、今回はあまりにも混戦なので、印の順番はナシにして、気になる馬をピックアップしていくことにします。シルシとしては、注目を意味する★ですね。

内枠から順にいきましょう。

最内枠に入ったワンアンドオンリーが何とも不気味です。中山の1枠、横山ノリ騎手ってのは、いかにも何か狙っていそう。

僅差の2着だった前走 (弥生賞) で感覚も掴んだと思いますし、叩いての上積みも期待できそうな馬。怖いです。

トーセンスターダムは大好きなユタカさん騎乗です。今週末は天気も悪そうですし、道悪でも実績のあるこの馬にも、ちょっとは勝ち目が出てきたかなあ、なんて思っていたんですが、馬場はそこまで悪くならなさそうですね。

無敗と言えども京都の少頭数戦ばかりですし、いかにも中山は向かなそうな雰囲気。それに、ユタカさんはダービーに照準を合わせているでしょうし、ここは無理して勝ちにいかないような気もしています。

それでも唯一の無敗馬ですし、能力で勝ててしまうかも、なんてゆう期待がなきにしもあらずです。末脚は抜群ですし、ユタカさんも最近調子いいんで注目しています。

ロサギガンティアはスプリングSを勝ったときにデムーロが絶賛していましたね。素質開花したのかな。

フジキセキ産駒、藤沢和雄厩舎、ヨシトミ相談役とゆう組み合わせは牡馬クラシックに縁がなさすぎてちょっとどうかなと思いましたが、合わせ技一本に期待してみたい気がします。

スプリングSで2着だったアジアエクスプレスも、叩いての上積みが期待できる一頭。こちらも戸崎騎手が感覚掴んだと思いますし、楽しみです。

負かした相手 (朝日杯ね) が今ひとつ、てのはちょっと気がかりですし、距離伸びるのは必ずしもプラスではないように思うので、そう考えると外枠は不利なのかなとも思います。

でも外国産馬ってのは何だかワクワクするから好きなんですよね。一昔前のイメージが残ってるからかなあ。ここクリアできたら本物ですし、期待したい一頭です。

1,2番人気が予想される2頭は敢えて嫌ってみる

最終的には1, 2番人気になるんじゃないかなあとゆう2頭、トゥザワールドとイスラボニータは思い切って嫌ってみます。

トゥザワールドが一番無難なんですが、無難すぎて全く面白味がありません。お兄さんのトゥザグローリーは本番に弱いタイプですし、お母さんのトゥザヴィクトリーも、クラシックは取りこぼたよなあ。

外枠は明らかに不利でしょう。内で器用に立ち回る、とかなら勝機十分でしたけど、外外回らされて切れ味勝負じゃいかにも分が悪い。かといって積極的な先行策は、前走ヒヤッとしたことですし避けたいところ。

中途半端なレースになって不発、なんてことになるんじゃないかなあ。と無理やり難癖をつけてみました。

イスラボニータは右回りが初めてですし、共同通信杯のレースレベルも疑問です。

蛯名騎手、社台系、関東馬てのは先週のフォーエバーモアとダブルんですよねー。臨戦過程も似ていますし。どうも人気しすぎているように思えてなりません。

炎の馬連ボックス!

買いかたですが、混戦すぎるので、ここは無難に注目馬4頭の馬連ボックスで笑。

春のGIシリーズはまだまだ長い道のりですし、最近は馬券もすっかりご無沙汰なので、ユルい買い目でじんわりとリハビリしてこーと思っています。

馬連ボックス 1, 7, 11, 16

バンドワゴンやプレイアンドリアルなど、楽しみにしていた馬たちが回避してしまったのはちょっと残念でしたが、大混戦の予想通りの楽しいレースを期待しています。