日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

やりすぎちゃう問題

休憩をとりましょう、てのはこーゆうことかってのが最近何となくわかってきました。

人間の、とゆうよりはぼくの集中力が持続する時間って、だいだい30分くらいなんじゃないかってことに最近気づきました。

それ以上何かを続けることもできますが、例えば1時間を越えて何かに没頭していると、その後に必ず反動がきてしまいます。

どっと疲れたり、一気にやる気がなくなったり。ある程度継続して事にあたるには、30分くらいが集中力の限界なんじゃないかと思います。

ちょっと休むなり、別のことをするなりなんでもいいんですが、何かを間に挟んだほうが長続きします。

没頭していると、時間を忘れてついついやり続けてしまう。これをぼくは「やりすぎちゃう問題」と名づけています。

キリが悪いところで中断したくないとゆう気持ちが働くのか。けど適度に休んだほうが長い目でみたらとゼッタイにいい。わかってるのにやめられない。

ブログを書いてるときなんかに多いように思います。あとは読書とか。

そいえば「ポモドーロテクニック」でも、25分集中して5分休んでを繰り返す、てのを推奨してたなあ。

休憩ってのはホントにちょっとしたことでいいように思います。ちょっと席を立って部屋をぐるっと回ってみるとか、水を飲むとかトイレにいくとか。

ちょっと離れることで良いアイデアをひらめいたりもしますしね。とゆうか、そーゆうときにしかひらめかないような気がします。一旦離れることで頭が整理されるのかな。机に齧りついてうんうん唸ってても何も出てこなかったのに、トイレに立ったらひらめいた、なんてことはよくあります。

思えばたばこを吸っていたころは、30分に1回くらいの頻度で喫煙所へ行ってたようにも思います。んで吸ってるあいだに頭が整理されて、いろいろひらめいてたなあ。

あれは今思うと、たばこを吸いたかったとゆうよりは、席を立って一旦整理したかったんですね。たばこはその口実にすぎませんでした。

だいぶ話が脱線してしまったので戻しますと、「やりすぎちゃう問題」を回避するには、もうタイマーをセットしておくに限ります。

ポモドーロみたくキッチンタイマーでもいいですが、ぼくは「Due」とゆうiOSアプリを使っています。

時間になるとしつこくアラームしてくれるので助かります。あまりにしつこいのでけっこう鬱陶しいときもありますが、集中しているときは気持ちも高ぶっていて「ゾーン」状態からなかなか抜け出せないことも多いので、ウザいくらいしつこいのは逆に効果的です。

以前はもっぱらiPhoneで使っていましたが、最近iPadでも動くとゆうことを発見してからは、そのときの気分で併用しています。

iPadを机の上に立てかけて、PCと並べて時折時間を確認するのが、今お気に入りの使いかたです。

ついつい没頭してしまって疲れすぎちゃうような、完全燃焼型のひとは一度試してみるといいかと思います。適度に休憩をとりながら、長く走り続けられるようなリズムを作っていきましょう。「Due」オススメです。

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門