日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

2014年2月に読んだ本を振り返る

2014年2月に読んだ本を振り返ります。

昨日の「2月に観た映画の振り返り」につづき、今日は読んだ本を振り返ります。これ地味に毎月の恒例にしていきたいです。

さて、先月読んだ本は以下の6冊です。少ない!

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1576ページ
ナイス数:9ナイス

禁断の魔術 ガリレオ8禁断の魔術 ガリレオ8
読了日:2月1日 著者:東野圭吾
カレーの海で泳ぎたい〜インド料理の見方・食べ方・楽しみ方カレーの海で泳ぎたい〜インド料理の見方・食べ方・楽しみ方
読了日:2月4日 著者:続木義也
ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)
読了日:2月5日 著者:マイケルサンデル
物理学対話---古典力学から量子力学まで (KAWADEルネサンス)物理学対話---古典力学から量子力学まで (KAWADEルネサンス)感想
読了日:2月11日 著者:砂川重信
ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)
読了日:2月15日 著者:川上弘美
採用基準採用基準
読了日:2月25日 著者:伊賀泰代

読書メーター

再読は2冊。冊数自体が少ないんであれですが、割合としては、はじめて読んだ本の数が多めかなと思います。

小説が2冊。まあ最近はこんなもんかな。

電子書籍で読んだ本も2冊。もっとたくさん、じゃかじゃか買っちゃうんで増える一方です……。

理工系の書籍が1冊。うん、月1冊は読んでいきたいです。

つか読み切らなかった本のなかにも、ちょこちょこ読み耽ってた理工系の参考書が何冊かあったりして、冊数伸びなかったのはそのあたりに原因があるのかなと思っています。

理工書はじっくり読もうと思うとまだまだ時間がかかりますからね、ある程度は仕方ないかなと思っています。

でも拾い読みしてるばっかりだと、似たような箇所をグルグル回ってるだけなんてこともありますし、腰を落ち着けてがっつり読み切るなり、何かしら学習したことをアウトプットして残すなりして、うまいことやりくりしたいです。

あとやっぱり10冊くらいは毎月読みたいと思ってもいるので、何とか読書の時間見つけてもりもり読んでいきたいところです。

「今月の一冊」は迷うなあ。はじめて読んだ本、中でも『カレーの海〜』『物理学対話』『ニシノユキヒコ〜』はどれも面白かったからなあ。

理工系ってことで『物理学対話』かな。40年前に書かれた本 (の復刊) ですが、今でも楽しく読むことができます。理工系の本は、そうそう内容が古びないのもいいですね。

本は長年残るものですし、ある程度時代を経ても楽しめるほうがいいかなと思います。ビジネス書はその点なかなか難しいですね。1年経たずに古くなっちゃうなんてこともしばしばです。

逆に考えると、年数が経っても読めるビジネス書は良書ってことですから、そーゆう本を何回も読むほうがいいのかなとも思います。

さて、来月 (2014年3月) の目標冊数は変わらず10冊です。毎月掲げるわりにまだ1度も達成できてないんで、今月こそはがむばるぞーうおー!