日刊コタノト。

ランニングと「食」を中心とした日々の雑多な記録を綴るノート。

AFCチャンピオンシップ【日刊163】(2014/1/20)

NFL観たの何年ぶりだろ。

睡眠

  • 睡眠時間: 8時間42分 (20:58 - 5:40)
  • 起床時の体温: 36.2 ℃

4日連続の5時半起き。イイ感じに習慣化できつつあります。睡眠時間自体はちょっと長めですが、まずは慣れることを重視しています。コロコロ変えてもうまくいかないような気がしますしね。2週間くらい続いたら次のステップへ進もうと思っています。

瞑想

  • 瞑想: 15 分

お昼ごはん前に瞑想。この時間帯にやるのが一番スッキリしますし、午後もしっかりと活動できます。続けたいです。

AFCチャンピオンシップ

久しぶりにアメリカンフットボールを観ました。AFCチャンピオンシップ、デンバー・ブロンコス vs. ニューイングランド・ペイトリオッツ。ご存知ペイトン・マニング vs. トム・ブレイディの当代最強QB対決です。

ぼくはブレイディの大ファンなのでペイトリオッツを応援してたんですが、今日はあんまり良いとこなしでしたね……。

つか今シーズンまともに試合観たのははじめてだったんですが、しばらく観てないと選手がだいぶ入れ替わっちゃっててさっぱりわからないです。おまけにどこ観ていいかもよくわからず、前半は完全に、観戦力のリハビリ状態でした笑。

後半は贔屓のチームがけっこうな差で負けてたんであれでしたけど、かなり絶望的な状況になっても「ブレイディならなんとかしてくれるんじゃないか」みたいな期待感があるので、まずまず最後まで楽しめました。ギリギリまでそんなふうに思わせてくれるところが好きなんですよね。

相手もブレイディが怖いから、セーフティリードに思えるような点差でもあんまり手抜かないですしね。

とゆうかブロンコスはブレイディにあんまりプレイさせなかったのが勝因だろうなあ。オフェンスに時間かけたりして、タイムマネジメントが劇的にうまくいった感じです。

乗ってくると手つけらんなくなりますからね、プレイさせないのが一番、とゆうか止める唯一の方法なのかもしれません。

スーパーボウルブロンコスシーホークスかあ。シアトルは1ヶ月間留学してた思い出の地で、スタジアムの近くを何度も歩いたからなあ。どんな選手がいるのかとか全然知らないですけど、マニングはあんまり好きじゃないですし、シーホークス応援しよう。がむばって!

pino

ピノ pino アソート 森永

数日前に「おやつ禁止令!」なんて高らかに宣言したのにもかかわらず、ちょこちょこアイスやチョコを食べちゃってます。まあ「おやつ」じゃなくて「デザート」ってことで。デザートなら食事の一部ですから、と自分をナットクさせています。

RUN

何だか喉が痛いので大事をとっておやすみ。先週無理しすぎちゃったかな。ヒドくならないといいけどなあ。

体重

  • 体重: 53.4 kg
  • 体脂肪: 15.8 %

年明けから53.4kgな日が多いので、この数字だとちょっと安心しちゃいます。もっと絞らないと!

カロリー

  • 摂取カロリー: 1,945 kcal
  • 朝: 413 kcal
  • 昼: 724 kcal
  • 夜: 808 kcal

まずまず普通な感じです。

コーヒーとお酒

  • コーヒー: 1 杯

喉痛のためお酒は控えました。

まとめ・目標

2日続けての朝飯前更新です。この時間に書くリズムいいかも。続けたいです。